//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
三宅プロ、シャローカバー攻略編!
三宅プロ、シャローカバー攻略編!
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

ブログ内検索

RSSフィード

ロッドを持ち替えるごとにバイト☆
昨日と今日はDAIWAWORKSラボ⭐

初日はSLPWORKSの凄いプロトアイテムのテストと撮影、二日目の今日はロッド、リール、ルアーの最終テスト&撮影☝

基本土砂降りの2日間でしたが、短時間で神がかり的な仕事がこなせ、あらためてニューアイテムのハンパない実力を実感する結果となりました(^^)

57、55とテストロッドを持ち替えるごとにバイトしてくる凄まじい結果にあらためてビビりました 笑
食わない、食うの差が歴然でした。

2日間お疲れさまでしたー(๑'ᴗ'๑)





スポンサーサイト
SLPWORKSのプロトパーツのテスト☆
今日はエレキがやばい中(^^;)、たじやんとSLPWORKSのプロトパーツのテスト!

これが凄すぎて二人して感動!
使い手を選ぶ可能性はありますが、その分そのポテンシャルはスゴイ(゜∀゜)

皆さんにお見せできないのは非常に残念です⭐





ロッドテスト☆ロッドの違いによる釣果の違い
今日はDAIWAのロッド設計、マーケティングのRickとロッドテスト⭐

今日も各ロッドをテストするのに最適なシチュエーションのエリアをローテーションしながらやり込んでいき、明確に絞り込むことができました(^^)

絞り込んだロッドを使うとすぐに魚から答えが返ってくるわけですが、これは当然と言えば当然なのですがあらためてロッドの違いによる釣果の違いは本当に凄いなと実感させられますね!

今日もロクマル目前のビッグバスを含めアベレージがデカかったです⭐

新しいロッド楽しみにしていてくださいね!




初心者の方でも最良の動きがだせるロッド☆
今回のロッドテストもとにかく凄かった⭐
いつものごとくテストするロッドごとにシチュエーションと釣り方を変えていくのは当然なのですが、明らかにロッドの素材、調子、レングスなどの僅かな違いが釣果の差になるということを設計者と目の当たりにする結果となりました!

僕らプロが釣れるのはある意味当たり前で、レーシングドライバーがセッティングの出ていない車をある程度ねじ伏せて走れるのと同じです。

ロッドテストで目指しているのは初心者の方でもそれぞれのロッドが担当する範囲、種類の釣り方を実践した際にしっかりキャストできルアーがあらゆる状況下で最良の動きを出せ、集中力が維持でき、バスをかけてからランディングまで持ち込める確率が1%でも高くなるロッドが作れるかどうかです💡
そういうロッドを玄人が使うとコンスタントに結果を出せる優秀なアイテムになるわけですね(^^)

59.5(惜しーw)をあたまに50アップが四本、40アップも沢山かけましたがすべてのバスのかかり方が納得でした⭐
実は設計のRickが最大魚と思われる巨大バスをブレイクされていますが、その原因もセッティングで回避できることも把握済みです💡

DAIWAのロッドにホントにご期待くださいね!(*^ー゜)







シャローと沖の両方で☆
今日のロッドテストは底質の違うエリアをローテーションし、50アップや40アップをシャローと沖の両方で沢山釣りまくって、徹底的にやり込みました(*^ー゜)

間違いなく凄いロッドができそうですよ~♡(๑'ᴗ'๑)