//
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

キャロライナリグ解説""
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
三宅プロ、シャローカバー攻略編!
三宅プロ、シャローカバー攻略編!
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP
白針1
禁断の白針in池原1 VANFOOK 白針2
禁断の白針in池原2 VANFOOK 白針3
禁断の白針in池原3 VANFOOK 白針4
禁断の白針in池原4 VANFOOK 白針5
禁断の白針in池原5 VANFOOK 白針6
禁断の白針・解説1 VANFOOK 白針7
禁断の白針・解説2 VANFOOK

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)

管理者ページ

ブログ内検索

RSSフィード

復興 メンタルケア 普段通りの生活という意味
今日も被災地やその周辺の方々何人かとコミュニケーションをとっていましたが、当たり前ですがまだまだ混乱状態は続いています。

現時点で何にもまして急を要するものは、衣食住にかかわる物資、環境の安定供給です。
これがまず安定的に供給されるようになるまで、復興のスタートラインにはなかなか立てたとは言えませんよね。

この環境が整い、次に非常に大切になるのがメンタルケアという人間にとっての大きな要素です。

このメンタル面のケアの良し悪しによって今後の力強い復興や、日本の未来をも大きく左右するということは間違いなくいえると思います。

例えば被災者の心理面。大人ももちろんですが特に子供に関してはモノスゴク大きな傷をおっています。

阪神・淡路大震災当時、震災後は家の前を軽く車が通っただけで反射的に身体がおびえるという状況がずっと続いていました。
また簡単なパジャマやジャージのような服装で睡眠をとることができるようになるまでにも半年かかりました。
それまではいつでもすぐに飛び出せる服装で寝ていました。こうしなければ寝つけないのです。

これは当時高校生だった自分でこの状態です。この頃近所の被災地に復興支援等で入ったとき、現場の子供達は一見元気そうに見えても間違いなく心に傷を負っていました。

またこの心の傷を受けるのは、被災地の方だけにとどまりません。

今年も未来ある子供達との釣り企画をおこなっていくために、つい先日キッズラボのK社長と電話で打ち合わせをしていたのですが、子供達やそのご両親等が海に近づくのを非常に怖がっているというお話をしてくださいました。

連日TVで放送されている津波、被災地の映像を顕在意識が薄い状態でみることで、まるでサブリミナル効果のように心に刻み込まれてしまっているのでしょうね。

今年に関しては、しばらくは内水面での講義を中心とした企画を考えていき、釣りを通して少しでもメンタルケアや自然の力への尊敬、感謝の思いを子供達に深めてもらえるお手伝いができる内容にしたいと考えています。

未来ある子供たち
(子供達は日本、世界の未来にとって無くてはならない存在です。今回の震災の苦い経験をプラスにかえて、将来に活かしていけるようになってもらうためにも、大人たちがそれぞれの立場で今できることを精一杯やらなければいけないと思います。)

また今回の大震災は歴史上まれにみる規模の大きさですが、この震災が今後様々なことに対して与える影響を、皆が冷静に判断する必要もありますよね。

よく被災地以外の人は普段と同じように生活することが大切という内容を最近ではよく目にしますが、これは自分もその通りだと思います。

ただ、この「普段と同じように」の中身が大切だと感じています。
日常生活を送りながらも、人間としてどのような心構えで復興支援にそれぞれの立場で携わっていくのかが重要だと思っています。
これだけの大災害ですから、今までと全く同じように皆が生活できるということはまず難しいですからね。
どんなに被災地から離れた地域でも、少なからずなんらかの形で影響は必ずあります。

今回の震災では自分の知っている団体や個人も現地へ支援で入っています。
明日も、ボランティアとして数日後にチームで現地へ入る知人に物資をもっていきますが、現場の生の声をできる限り正確に詳細に聞き、この先何年もかかるであろう復興にむけて、今後も継続して自分にできることをしっかりと日常生活を送りながら取り組んでいきたいとあらためて思いました。

そして過去に大きな震災等を経験した人は、その経験を語り、活かして今回の被災者の方々を是非とも勇気づけてあげて欲しいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

刻々と状況がかわっています これからが大切・・
日々刻々と、今回の震災の影響が明らかになり始めています。

各地で地震もまだまだ相次いでおり、原子力発電所問題も予断を許さない状態が続いています。

阪神・淡路大震災当時もそうでしたが、よくこのような状況で使われる言葉に「自粛」「不謹慎」等がありますよね。

これは感情的、モラル的な側面で見ても本当に大切な言葉です。
日本人のモラルや礼儀という部分は、今回もそうですし昔から世界の中でも高く評価されてますよね。

でも一方では買占め行為が起こってしまいます・・・。
関西以西でもこの現状がみられるということに、情報化社会の恐ろしさがありますよね・・。

また「申し訳ない」という感情の向く方向が違ってはいけないと思っています。
「被災地域の人に比べて自分はぬくぬくと食事をして申し訳ない・・」
「テレビで悲惨さをみていると、とても申し訳なくて自粛したい・・」

この感情・マインドの向く方向を間違うと、復興が遅くなることは間違いありませんよね。

感情面を抜きにして考えたとき、復興に必要なものは「資金」であり「マンパワー」です。
そしてそこにマンパワーを引き出す感情面である、「企業マインド」「消費者マインド」「ヒューマンマインド」があって復興につながっていきます。

十数年前に以前の自宅の周辺地域にも仮設住宅が立ち並んでいき、災害復興住宅の支援も行われていましたが、今回形はどうなるかはわかりませんが、一日も早く当時実行された「ひょうご住宅復興3ヵ年計画」のように被災者の方々の住める住宅をまずは確保していくところまでもっていかなければなりません。
また阪神、淡路大震災でも問題になったコミュニティの崩壊等が起こらないように、しっかりとした復興住宅地域のプランを立てることも大切です。

そのためには被災者以外の方々がしっかりと経済活動をし、お金を回していかなくては話になりませんよね。

自分は普段から様々なジャンルの職種の方々と接する機会が多いのですが、今回の地震以降も各地の多くの方々とやりとりをしました。

そこで感じたことは、職種によって様々な感情や「見方」もしくは「見られ方」が交錯しているということです。

例えば現在原子力発電所の最前線で作業にあたっている方もいれば、物資運搬をする企業の方もいますし、スポーツ選手もいれば、飲み屋の店主もいますし、レジャー産業のメーカーの社員もいます。

このような未曾有の災害時にはそれぞれに様々な考え方、見方、見られ方があるのは当然ですが、一つ確実にいえることは経済活動を個人のマインドの低下でとめてはいけないということですよね。

これから復興に対してめちゃめちゃお金がかかることは、紛れもない事実として目の前にあります。
この何兆円という資金の大部分は日銀がコントロールをしていくわけですが、このお金は当然降って湧いてくるわけではないですよね。

しっかりと働きながら募金等も継続してやり続ける。
そしてそこから更に+αで、それぞれの職種や立場を活かしながら継続的にもっと協力をしていく。

今後本格的に復興活動に入っていったとき、この「継続」が本当に大切になると思います。
「のど元過ぎれば熱さ忘れる」のが人間の良い面でもありますが、悪い面でもあります。

今だけの募金やボランティアではなく、1年後、2年後にさらに必要になるのでずっと続けていくことが大切だと感じています。

阪神、淡路大震災の時とは違いインターネット、携帯の普及によってさらに情報の伝達が速くなり、だれでも個人の意見、感情に触れやすくなったことでいろいろな面で複雑化してはいますが、基本はなにも変わってはいないですよね。

今も現場で命をつなぎとめて救助を待っている人がいるかもしれません。
また、不安な日々を多くの人が過ごしています。

現場で不眠不休で頑張っている様々な職業、多くのボランティアの皆様、心から応援をしています!


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

釣りにまつわる環境を考える
またサム~イ日が続いていますが、ホントにこの時期は魚の動きを追いかけるのが難しいですよね

でもこの冬~早春はバスの動きをとらえることさえできれば、モノスゴイモンスターフィッシュをGETできる可能性が一番高いときでもありますので、寒い中でもやりがいがありますよね~

さて現在グローブライド(DAIWA)のHP上では、環境についての取り組みの動画がアップされています

グローブライド・環境への取り組み

過去に何度か環境についてもいろいろな内容をアップしてきましたが、釣りに関わることだけに限らず地球上では様々な環境問題があるということは皆さんもご存じの通りです。

この「環境問題」というキーワードですが、これは何も釣り場のゴミ問題やフィールドの減少、温暖化といった自然環境的なものだけではありません。少子化やインドア志向等も釣りの未来にかかわる重要な「人的環境問題」だと自分は考えています。

この環境への取り組みという部分が、自分がグローブライドさんの企業方針に共感した1つの要素でもあります。
上の動画の中にもあります「BE EARTH-FRIENDLY」や、昨年コーチとして参加させて頂きました「ダイワヤングフィッシングクラブ(DYFC)」等もその取り組みの一環です。

どうしても資本主義の世の中ですので、ビジネス志向、新製品開発競争等という社会であることは仕方がありません。でも高度経済成長時代ではないこれからは、この「様々な環境問題」ということに対して真剣に取り組まずして生き残っていけるような世の中ではないですよね。

自分も地道にではありますがこの環境問題に対して、これからの時代を支える子供達という存在を中心として取り組んでいければと考えています。また大学の研究室との共同プロジェクトなんかも、将来的には立ちあげていければとも考えています。
幸いにも協力を得られそうな教授陣も頭に浮かんでいますので、これもいつかは実行をしたいと思います

最後にグリーンコンシューマー(green consumer)という消費者に関しての行動について、参考までに書いてみたいと思います。
簡単にグリーンコンシューマーを説明すると、「環境に配慮したアイテムを選択し購入するユーザーのこと」ということになります

green consumer
(green consumer)

□グリーンコンシューマー・10原則

①必要なものを必要分量だけ購入する
②使い捨て商品ではなく、長期的に使えるものを選択する
③作る、使う、捨てる等の各場面において資源とエネルギー消費の少ないものを選択する
④包装等のないものをできるだけ優先し、次に最小限のもの、容器は再使用できるものを選択する
⑤化学物質による環境汚染と健康への害、影響の少ないものを選択する
⑥自然環境、生物多様性を損なわないものを選択する
⑦遠方ではなく近くで生産・製造されたものを選択する
⑧作る人に公正な分配が保証されるものを選択する
⑨リサイクル品もしくはリサイクルシステムのあるものを選択する
⑩環境問題に熱心に取り組み、環境情報を公開しているメーカーや店を選択する

このグリーンコンシューマーの消費者行動の内容から考えると、釣り業界も様々な点でまだまだ取り組める余地がありますよね

このグリーンコンシューマーの歴史や詳細等に関しましては興味のある方はそれぞれに調べて頂くとしまして、この10の行動のうちいくつかでも日々の小さなところから取り組んでいけると、社会全体が変わっていくことは間違いなさそうですね


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

釣り業界のこの先と子供達
10月もコラボレーションでの子供達との釣りプログラムを計画していますが、釣り業界の未来を考えたとき現在の日本が抱える少子化、インドア化傾向は超深刻です

これは何も釣り業界に限ったことではなく、日本全体の様々な事柄に対してもかなりの問題です。
単純な原理で、入ってくるものが減り(少子化)出ていくものが増えれば(高齢化)当たり前ですが何もかもが回転しなくなります(※人口ではなくお金の話です

日本は20年前、10年前から比べても数値的に見てもどんどん世界からおいていかれていると言えます。
失われた10年と言われた90年代が終わったときに、そこからもう10年低迷期が続くと想像できた人は少なかったのではないでしょうか
でも残念なことに、物理的にこれからも続いていくと思います

プラザ合意で連発でボディをもらいヘロヘロで中盤ラウンドまで耐えてきた現在の日本は、セコンド(政治)にも的確な指示、手当がしてもらえず、所属ジムには期待の新人(子供達)も入らなくなり、残りのラウンドで逆転してはたしてチャンピオンに返り咲き再び盛り上げていくことはできるのか~

話は釣りに戻りますが、釣り業界にとって少子化、インドア志向化は大問題です。

夏にはDYFC(ダイワヤングフィッシングクラブ)にもコーチとして行ってきましたが、アウトドア、野外活動は子供達にとって絶対に大切なものだと参加しているみんなの表情を見てあらためて感じました

DYFC1
(DYFCの様子。これは女の子グループ。みんな本当に目がキラキラして超楽しそうでした

DYFC2
(こんなに元気で生き生きとした子供達は、将来きっと何かやってくれそうじゃないですか?ホントにみんな良い子たちばかりです

DYFC3
(教わっているときも表情は真剣そのもので、スゴイ集中力です

こんな企画を昔から続けているグローブライド(ダイワ)さんは本当に素晴らしいですし、業界の未来を考えたとき絶対に必要不可欠な活動です。

また少なからず逆風の原因を作っているのは業界や釣り人自身にもあるのは確かなので、そこを見直していくことも大切ですよね

ふいている逆風のことをしっかりと知って、対策を打っていくことも間違いなく必要な事柄だと思います
例えば超身近な逆風例の1つである「ソーラス条約の改正」というようなキーワードも、もしかすると知らない釣り人もいるかもしれません。

地道な活動をしっかりと積み重ねていくことが、大好きな釣りを末永く楽しんでいくことができる一番の近道かもしれませんよね~

自然の中に入って親しんでいくということは、人間にとってもホントに必要不可欠で良いことですよ



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

サポートを受けるということ
もう3月ですね・・。

とんでもなく月日の過ぎるのがはやく感じます
だってもう年が明けてからまる2か月が経過したんですよー
あとこれを5回繰り返したらもう今年も終わり・・。絶対に時間を無駄にはできませんね
月日はお金では買えませんから

さて、毎年この時期はサポートをして頂いているメーカー様からの契約の更新時期でもあります

サポート(経費をかけて投資をしてくださること)を受けるということはその言葉だけを聞いていると、簡単なように聞こえますが数字という視点でみるとものすごくありがたいことですよね。

このご時世ですからどの企業も有り余った潤沢な資金の中から経費を使っているというわけでは決してないです。
各企業の方針や考え方で、どのようなリターン(対費用効果)を求めてアングラーをスポンサードしているかには差はあると思います。

2009年度契約
(お世話になっている企業の一社であるサンライン様 今年の自分はどこまで明確に貢献できるか。)

おそらく各アングラーに年間に投資した経費が、どの程度自社に対しての効果を生み出したのかを明確な数字として算出することができたとしましたら(実際には不可能ですが)、驚くべき数字が出るのではと個人的には思います

本当にありがたいことに自分の活動に対して一定の評価をしてくださる、釣り業界及びその他の一般企業の方々がいらっしゃるということに対しまして、感謝の気持ち以外の何ものもないです

釣り業界及びその他の業界の両方で、今シーズンから縁あってご一緒させて頂くことになりました企業様、また現在までにすでにサポートをしてくださっているメーカー様、また声をかけて頂きましたが今回はご縁がなかった企業様、そのどの皆様にとりましても実りのある1年となって頂けますように、自分自身全力で努力し続けたいと思います。

自分をサポートしてくださっている皆様に、様々な方向から貢献が少しでもできますように取り組んでいきたいと思います

異業種間でのお互いにメリットがある有効なつながりを、地道な活動を通してどんどん拡大していくことができれば、確実にすべての業界が活性化していくはずです

全ての実りある収穫も、最初は必ず地道な種まきからスタートしますしね



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用