//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

OSP並木淀川おかっぱり
OSP並木のむちゃぶり淀川 
ウィードレス化した琵琶湖
ウィードレス化琵琶湖攻略 
OSPルアー
OSP十種競技 解説編 
秋から冬の琵琶湖の釣り
O.S.Pルアー 十種競技 
OSPギル系ワーム
ギル系ワームの破壊力
ドライブSSギル
秋の琵琶湖ドライブSSギル
夏の琵琶湖北湖 後編
夏の琵琶湖北湖 後編
カスタムカーで夏の琵琶湖北湖
カスタムカーで夏の琵琶湖
三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

JB最終戦 4位表彰台!
JB津風呂湖シリーズ最終戦は、前回に引き続き連続お立ちとなる4位で終了しましたー また相方も9位入賞と、この間のチャプターに引き続いて二人で入賞できましたーっ

連続!二人とも入賞!


年間順位は第2戦を落としてしまっているので、それが最後まで尾を引いて4位でフィニッシュ

今日は雨の中での釣りでかなり体力を消耗したので、プラから試合当日の詳細は後日アップします

荷物の運びすぎで肩こったー 二人分の荷物はやっぱ強烈です




スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

試合当日の様子
試合当日の朝は暑くもなく寒くもなく、本当にベストな気温でした

朝


前日のプラで得た情報では、大きな個体は条件の良い場所であれば、釣り方とタイミングを合わせれば湖のどこでもバイトしてきました スタート直前までどこに入るかを考え、総合的に判断しインターセクションにかけてみることにしました

スタート前


インターセクションの岬に到着と同時に、キーとなるレンジに目安となるマーカーを投入。前日と同様の釣り方で実釣開始 インターセクションは見渡しが非常によく、目の前には湖で有名な数釣りができる水中ハンプがあり、そのエリアでは開始早々からランディングシーンが何回も繰り返されていました

数は出ないとわかってはいたものの、最初の1時間ちょっとは全くのノーバイトで、あたりもかすりもない状態が続いているのに、目の前では爆釣シーン 精神衛生上悪すぎでした

ウエイイン3


釣り方とタイミングと場所が完璧にかみ合った状態でしか、ビッグバスのバイトを複数得ることはできないことがわかっていただけに、「もしかすると間違えたか」とか、「とりあえず揃えにだけいくか」とか、いろいろな思いが出てきました

しかしそこは自分の釣りを信じてグッと我慢 爆発力はほかの島やフラット系に比べて全くないものの、たまにフィーディングにくるミドルサイズが回遊するレンジと釣り方も把握していたので、たまにそのレンジにルアーを通したりしながらリズムを作っていると、待望のバイトがあり予想どおりの400g丁度のミドルサイズが上がってきました

とりあえず魚に触れたことで多少リズムに良い変化が出てきました そしてついに期待のミドストに待望のバイトが 思いっきりフッキングし、ドラグの出方からキロアップであることを確信。上がってきたのは1200gのナイスプロポーションのバス

ウエイイン1


これ一本でアベレージ3本分の破壊力 集中力が一気に高まりました。ここから1時間さらにノーバイトが続きましたが、次の1本がこの日最大のヒントをくれました 次に上がってきたバスもナイスプロポーションのキロアップ。このバスの釣れ方から、この日のバスは前日よりもさらに上の層に浮いていることがわかりました。

めちゃくちゃムズかしい「感覚の釣り」ですが、バスの泳いでいる層のやや上を通すイメージでルアーを操作。そして次に1500gアップをキャッチすることに成功 相方も2匹のキロ丁度のバスをキャッチ 自分の釣り方への不安感が明確な確信へと変わりました

この場所は普通の釣り方をしていても本当にデカバスのバイトはとおい場合が多く、まぐれでデカイやつがバイトしてくる程度のところなので、そういう意味でもこの日の場所選びはカケでした。

ウエイイン2


そして相方がこの日最後のバイトをとらえ、格闘開始 ドラグの出方からキロアップであることはほぼ間違いなく、これが釣れれば相方も3キロ超えは確実。しかし、急にテンションが無くなりフックオフ。マスバリの短所が最後のつめで出てしまいました でもこれも試合。

終わってみればこの時期では非常に良いウエイトで優勝することができました また相方も5位に入り表彰台。1、2ができそうでできませんでしたが、内容的には満足のいく試合展開でした

おたち


今回勝負に出て結果を出せたことで、また一つ自分の釣りの枠が広がった気がします。同じ勝負をするにしても、無謀に適当にやって、まぐれで釣れることもあるかもしれませんが、ちゃんと考えて、その考え通りに複数匹釣れたことが最高の収穫でした

今回の経験はチャプター西三重はもちろんですが、他のフィールドでも必ず役に立つと思います
最高の経験ができてほんとよかったー

道の駅


帰りはいつものように道の駅によって、ご飯を食べてから解散しましたー。皆さん、1日本当にお疲れ様でしたー




テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

前日プラの様子・秋へ移り変わり始めた布目ダム。
試合の前日、布目ダムに到着してみてまず最初にやる気を消失させたのが、いつものことなんですが、スロープの減水した景色 島までつながってますやーん 荷物運ぶのがかなりヤバそー

そしてそれに追い打ちをかけたのが、水の状態 スーパー濃い目のウルトラQっぽいアオコが水面を覆ってます

あおこ


最初に前回のチャプターの時点とどれくらい湖の状態が変わったのかを、いろいろな角度からチェック まずどう見ても水質悪化。次に減水。そして水温低下。これくらいは誰が見ても変わっているのはわかりますよね

そして次に前回と同様にサマーの定番ポイントを実釣。水温が結構下がったにも関わらず、意外に魚はサマーのポジションでも結構イージーに食ってきました サイズは300g弱~1Kg弱位。

前日プラ3


活性は結構高く、本当に簡単に食ってきます でもサイズは夏っぽく下流から上流まで流して最大が1100gフィッシュ。釣り開始から約3時間半ほど経過したこの時点で魚の総数は軽く40匹を超え、3匹の総ウエイトは2キロ強くらい。サマーっぽい普通の釣りではこのくらいのウエイトがやはり限界のようです でもここまでで気がついたことは、前回のチャプター時と同じように見えてもやっぱり季節は進行しているようです

前日プラ4


このまま終わったんでは普通すぎるので、初心にかえり前回の守りに入った反省もいかして、現時点での湖にアジャストさせてビッグな魚を追い求めて、真剣にパターンを求めて釣りこんでみました

するとやはりビッグなバスはいるところにはいました これは今までではあまり釣りをしなかったようなかなり浮き気味のポジションで釣れ、しかも絶妙なタイミングもあるようです。普通に釣っていてもたまたま1、2匹は大きいやつがくる場合もあるかもしれませんが、6本、7本とビッグを取っていこうと思うと、やはり何かプラスアルファの要素が必要なようです バスの自然の変化を感じる素直な感覚に驚きました

前日プラ


一匹目のビッグが来てから、少しずつアレンジを加えながら釣っていき、気がつけば3本でなんとこの時期に5キロオーバー 最大魚が1800g、次が1680g、1640gでした。相方も3キロ強

この釣り方以外のサマーの釣りで、たまに事故的に1100g位のやつが普通に釣っててくる場合もありましたが、それとは全然種類が違う感じでした。魚体色や傷の付き方、口の大きさやお腹のコンディションが全く異なっていました

前日プラ2


この時期はすぐに季節が変化したりするのと、タイミングがずれると全く食わなくなるようなので、そこを合わせるのが一筋縄ではいかない様子でした リズムやタイミングが狂うとスカの確立も結構高そうな、そんな性質の魚です。

ほんと魚釣りは生き物が相手ですので、楽しいですが難しいですよねー この日も感じましたが、だんだん涼しくなって湖の上でも朝方は気持ちよく過ごせるようになってきました

かもさん


途中は水鳥の観察もしたりして結構楽しかったのですが、ダムサイト側に死ぬほど溜まった激濃いいアオコの放つ、何とも言えない悪臭で吐きそうになり、すぐさま帰り支度をして退散しました



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

チャプター西三重第5戦  優勝!
本日、チャプター西三重第5戦が開催され、優勝することができましたー また同船の相方も5位に入賞できました

たて


前回は守りの手堅い釣りを展開してしまい3位どまりとなったので、今回は最初から勝負に出て、ビッグフィッシュのみを狙う釣りで1日通しました

周りで数が釣れる姿を遠目で見ながら我慢の釣りを展開しましたが、結果が出て一安心です

前日プラから本番までの詳細は後日にアップしたいと思います~


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

JB戦にむけてプラクティス
敬老の日の祝日、行ってきました津風呂湖へ 
先月の大会時より減水し、水温も若干低下しています 次の日曜はチャプターと重なるためにプラクティスはできないので、何とか少しでも情報を得たいところ

ジャークベイトなどの魚の形系ルアーで素早くサーチしながら、ここだーっというような要所要所ではスローダウンぎみに釣りをしながら進んでいきました
相変わらずマメバスちゃんはたくさんいるにはいるのですが、8月の時点とはやはりどことなく雰囲気は違います

そのあたりも考慮しながら自分のペースと自分の釣り方で普通に釣っていくと、同船の相方さんのロッドにズシリと重みが その後、恐ろしい勢いで走る走る 直前にリールを分解していてドラグゆるゆる状態だったので、スプールが激ヤバ回転していました

50UP


急いでドラグをしめ、ハンドランディングで上がってきたのは楽勝50オーバー&ちょっとやせぎみのデカバスさん ウエイトは1650gほど 津風呂湖では間違いなくスーパーキッカーです(どこの湖でもキッカーですね。) いるところにはいますねー マグレとはいえ狙っていないとマグレも起きないので、すげーな奥様という感じ。いやー、しかしやるなー

キーパー2


その後魚の行動パターンを考えながら釣り進んでいきましたが、やはり津風呂湖 でかいのはそれのみ そして300g以上のキーパーは二人で3本。(最大は約450g。いつも写真を見て正確な本数を思い出します

450g


プラでは確実に25.5センチ以上ある個体しかキーパーとしてカウントしていないのですが、25センチオンラインで200g~230gの間のバスも含めるともうチョイ釣れました

キーパー3


途中でトンボをつかまえて観察したりしましたが、トンボもアキアカネ系が増えて、いよいよ秋本番が近付いてきましたね

とんぼさん


しかし相変わらず厳しいレイクです。しかも試合まであと2週間もあるので、秋という季節ですし確実に水の中は変化しそうです。ほんとアジャストする能力が必要不可欠ですね

ここはほんとにむずいですねー


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ナイスゲーム! 負けても悔いなし。
先週末からウルトラハードな日々で、全くブログを更新できずに今日まで1週間 さかのぼって意味のない日常ネタを書いても、何も面白くないので主要なことだけをー

タイトルにも書きました、週末のビッグイベント「阪神×中日」の甲子園での優勝争い直接対決

チケット


阪神超大好きのT原プロよりオレンジシートのチケットを頂き、行ってきました甲子園

早めに到着したにもかかわらず、さすがは直接対決。駅前から恐ろしい人の数 お寿司とお菓子と飲み物を買いこんでシートへ直行

甲子園1


いやー、ゲームが始まる前から熱気が伝わってきました この日は1点を中日に先制された後、中日先発朝倉の乱調で1-4と押し出しから逆転に成功 5回に2点返され1点差のまま7回へ突入

甲子園3


前半はいまいちでしたが、このあたりから盛り上がりが最高潮に しかし、この日のウッズ選手には脱帽です。最後にJFK必勝パターンをウッズに打ち破られ、長い長いゲームは午後10時過ぎにプレイオフ。

ジェットふうせん


藤川対ウッズの気迫の対決は本当にヤバかったです 強打者ウッズに対してあの場面で真っ向からストレート1本勝負で挑んだ藤川球児選手はめっさかっこよかったです あそこで小細工をして打たれたら全然イケてないですしね。矢野のサインに首をふった藤川球児、かなりヤバかっこよかったです

甲子園2


途中はアニキの気迫のライトへかっ飛ばした雄姿も見れましたし、赤星選手の通算1000本安打の瞬間も見れたので最高でした また、斜め前のおばちゃんがファールボールで腰を強打していました 大丈夫だったかな・・・。

さすがに負けた瞬間は下の写真のようになりましたが、今年五本の指に入る名勝負を見れました 途中は強烈阪神大好きのKさんとメールで白熱のやり取りもし、盛り上がりました。

脱力


それにしても観客にこれだけの感動、夢、活力、脱力(?)を与えられる仕事って本当に素晴らしいと思います

強烈に楽しかったー T原プロ本当にありがとうございました



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

密会
今日家に帰ってきたのが朝の6時前 新聞の配達員もすでに帰還途中でした

昨日は、消耗した釣り具を買いに、ポパイさんとエイトさんに行きましたっ 台風が来ている影響もあり、かなりの風 しかし台風ってすごいですよね。関東方面に向かっているのに関西にもこんなに影響があるなんて

お店1


環境、エネルギーの観点から見れば、この力を風力発電よりもさらに効率よくエネルギー資源に変換し、蓄積できるシステムがあれば、本当に凄いといつも考えてしまいます 台風と同様に雷についてもそう思います 確か、ドラえもんの道具にそれができるものがあったような・・・。

この日はいくつか欲しかったカラーがあったのですが、見当たらず断念 最近なかなかないんですよねー、欲しいカラーが まさかみんな気がついてきたのでは。なんて

お店2


さてさてその後、夜の10時過ぎから重要人物ミスターX氏(ここではなんてよんだらいいのかわからないので、プロゴルファー猿風に スーパー古)と秘密の会議をしてきました もちろん話の内容は釣りに関係したお話。でも、単なる釣り自体の話ではないです もっとディープ

会議


あまりにも話が興味しんしんで、7時間も話しこんでしまいました ミスターX氏、朝まで本当にありがとうございました 気がつけばまわりはすっかり明るく・・・ お互いに今から仕事ヤバーって感じですよね

なんか楽しくなってきましたね~ ってX氏にしかわからないか でも僕の場合は、計画、妄想だけでは終わらせないのです。なんでもとことんやりますよー

Xさん、また、第二次秘密会議をしましょうね にゃはは~



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

魚を生かす
日に日に秋の虫の声が沢山聞こえるようになってきました 暑さもやわらいで人間にとっても、魚にとっても過ごしやすい季節になってきましたー

先日も少し書いたのですが、魚をトーナメント中に生かしてキープし、その魚をちゃんとウエイイン後に湖に生きたままかえし、その後もその魚たちがきっちりと生存できるところまでもっていくことは、なかなか難しいことだと思います

針が刺さっただけですぐに死んでしまう魚もいることを考えると、ブラックバスはそこそこ強い魚かもしれません。でもやっぱりきっちり大切に扱わないと、すぐに弱って死んでしまいます

水温が高ければ高いほどその弱り方は顕著で、水温が26~27度をこえてくると、きっちりと扱っていてもトーナメントでのリリース後の生存率が約60%を切ってくるというデータもあるくらいです これが正確な数値に近いとすれば、本当に魚を生かすことがいかに難しいかがわかります

バスのトーナメントは他のスポーツや競技と異なり、生き物を相手にします。野球の選手がバットやグローブ、ボールやユニホームに愛着がわくように、バス釣りでもロッドやリール、ルアー、トーナメントシャツ等に愛着がわくのは当然として、それ以上にそのものの存在がなければ成立しない、最も大切な生き物であるバスに最大の愛着をもって当然だと思います

極端な話、野球はバットとグローブとボールと、ベースなどを含むスペースと人員がそろえばゲームができます。でも、バス釣りはいくら道具やフィールドや人がそろっても、バスの存在がなければどうしようもないです

ただでさえバスにとっては強い逆風が吹いている中で、これからもバス釣りを長く続けていくためには、基本中の基本であるバス自体を大切に扱い生かすという気持ちと技術を、もっともっと高めたいと最近特に強く思います

バスのおかげでこれだけ楽しませてもらってるということを強く意識するようになると、バスが本当に可愛く見えてきますよね


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

約3年ぶり めっちゃ久々のオカッパリ
朝夕の虫の声が秋の雰囲気を醸し出してきました この時期の夜は、秋の夜長とか言われますが本当に過ごしやすく、なんでもはかどるような気がしますね でも雰囲気はちょい寂しいですが

さてさて、今日は午前中に時間ができたので、7時前くらいから数時間程度、ちょーちょー久々のオカッパリに行ってきました 場所は近所の淀川某所。もちろんその場所は初めて 試合に出るようになってからは、なかなか岸からの釣りはしなくなりましたが、一度目線を変えてみようと挑戦してきました

激混み


さすがに日曜日で河川敷公園もあるということで、バスはもちろんコイ釣りなども含めて、釣り人はかなり入っておられました 途中からは駐車場も激混み

事前にお聞きした話では、ゴロタとブレイクの関係から結構ラインがヤラれるということだったので、リグはとくに意識はしませんでしたが、ルアーの動かし方には細心の注意をしながら釣りをしました

全く初めての場所だったので、ルアーは先日西三重チャプターの参加賞で頂いた広く探れるバイブレーションと応用のきくJWの2種類でチャレンジ、相方はダウンショットで釣り開始

参加賞


予想以上に流れが速く、こんな流れがあるところ&変化のすくない護岸での釣り、ましてや岸釣りはすごく久々だったので、しばらく困惑 またこの日は地元の方と沢山お話をしましたが、結構シブい様子。まじでー

バイブレーションのリフト&フォールで水深と地形と水流の速さを探りながらどんどん流していき、目でベイトとバスの動きを確認していきましたー

さかなさん


沖にヨレができているところはおそらく浅瀬になっていて、そんなところと岸からの地形の変化(流れ込みやワンドや出っ張り、継ぎ目等)がMIXされているようなところは、高確率でベイトが押し寄せられてバスが沖から岸にフィーディングに入っているようでした

そういう要所要所で自分はJW、相方はDSを投入。最初はなれずにひかかったり、どんどん下流側に流されたりしていましたが、徐々になれていき、相方が先に25位のを1本あげて、その釣れ方からだんだん魚のいる場所がわかってきましたー(またヒントをいただきました

効率よく良いラインを長く流すために、斜めアップストリームでキャストしたら、そのままミドストでシェイクしながらリールはほとんど巻かずにルアーの流される速度にあわせて、自分も下流側に歩いていくという、テクスト?(テクトロ&ミドスト)釣法でバイトが多発

おさかな1


25から35位のをそこそこ釣り、最後は40アップもゲットすることに成功 たのすぃぃ

トーナメントに出るようになったことで、自分の岸釣りのスキルもちびっと上がっていることにここで初めて気づき、ちょっとうれしくなりました

最大魚


3年ぶりのオカッパリで、いつもとはまったく違うシチュエーションで釣りをして、また新たにめっちゃ多くのことについて勉強になりました 行動に制約のあるオカッパリで、試行錯誤して釣りをすることから得られるものはかなり多かったです

めっちゃ、たのしかったー


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

メンテナンスと補充
今日から9月に入り、これからは日に日に秋っぽくなっていくんでしょうね

今日は試合でダメージを受けたタックル達のメンテナンスと、消耗品の補充にポパイ1京都店さんに行ってきました

ポパイ1


先日の試合の結果報告もかねて今日もKさんにお会いし、超お忙しい中にもかかわらず色々とメンテナンスをしていただきました しかも工具についても教えていただき、早速近いうちにホームセンターに見にいこーと思いました これで、また試合に安心してのぞめます

現在使用しているライブウェルシステムもKさんにお願いして作成してもらったものですが、はっきり言いまして最強です 真夏にも関わらず、魚は超元気そのものです

Kさんと


船や周辺機器を購入するのに迷っている方や、現在の仕様に満足がいかなくて改造を検討している方がもしいらっしゃいましたら、冗談抜きで一度Kさんに相談することを真剣にお勧めします

そして、今日は前々から興味があった偏光サングラスについて沢山教えていただきました 各メーカーによる特性やレンズのゆがみ、レンズの製造過程のお話、また材質による違いから、作成現場のお話まで、いやー、ヤバいくらいにめちゃくちゃ参考になりました

以前にSHINGOプロからもアドバイスを少し頂いたことがあったのですが、偏光も本当に奥が深すぎますよね。KさんやSHINGOプロや偏光に命をかけてテストし、作成されている技術者の方々のことを本当に尊敬します 今日も我を忘れて真剣に聞きいってしまいました

お店の中


土曜日ということもあり、夕方くらいから店内もだんだんと混んできていました。お忙しい中、今日もKさん本当にありがとうございました

そして、帰りにむしょうにケンタッキーが食べたくなり(1年に1回くらいこの病気が出ます 皆さんもなんかそんな食べ物ないですか?)、パクッといっちゃいました。めちゃうまでしたが、例のごとくソッコウでお腹パンパン

ケンタッキー


今日はこれでもう晩御飯はいりませーん 体に悪

それにしても、今日もめっちゃ勉強になった1日でしたー


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用