//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

ブリッツマックス 琵琶湖
秋の琵琶湖戦略にマグナム降臨
琵琶湖 ハイドロカーリー
ハイドロカーリー解説動画
琵琶湖 ハイドロカーリー
琵琶湖で爆釣!ハイドロカーリー
琵琶湖 シャッドテール
切り札公開!ロクマルも! 
OSP並木淀川おかっぱり
OSP並木のむちゃぶり淀川 
ウィードレス化した琵琶湖
ウィードレス化琵琶湖攻略 
OSPルアー
OSP十種競技 解説編 
秋から冬の琵琶湖の釣り
O.S.Pルアー 十種競技 
OSPギル系ワーム
ギル系ワームの破壊力
ドライブSSギル
秋の琵琶湖ドライブSSギル
夏の琵琶湖北湖 後編
夏の琵琶湖北湖 後編
カスタムカーで夏の琵琶湖北湖
カスタムカーで夏の琵琶湖
三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

釣り人側の感覚 集中力 後編
前編の続きです

集中力を維持する感覚、引き抵抗のことについてでしたよね。

自分の場合はいくら釣れる、釣れると噂のルアーで、実際に実績があったとしても、使用感が自分に合わない場合は1軍ルアーになることはほとんどありません

これはロッドやリールも同じで、新しいモデルを買っても使用感が合わなければ、わざわざ古いモデルを探してきて入れ替えたりもします

逆によくわかならいようなメーカーのルアーでも、使用感がよければ使います。そしてその良い使用感のルアーで釣れればそれは1軍入りとなります

クランクでの1本
(使用感の良いルアー 写真はマッドペッパー改)

この釣れる使用感と実際に複数釣れたという2つの条件がクリアーできれば、1軍入り確定です (めっちゃ簡単な理由

ですので良い使用感のルアーを求めて日々さまよったり、チューニングしたり、変な人と化してます

自分の考えでは、実際に水中でルアーを選ぶのは魚ですから人間側がこの形が釣れる、この色が釣れる、この匂いが釣れる、リアクションで釣れる等と考えていることは、永遠に想像の域でしかないということです。(でもこの思い込みがちょー大切

確かに実験をしたり、生態を調べたり、水槽でテストしたり、実釣したりとデータを取って魚の反応をみるわけですので、ある程度の確率で釣れるものを作り出すことはできますが、それでもあくまでも想像の領域で曖昧すよね。同じ種類の魚でも人間と同様に個体差がすごくありますしね
そう考えると釣りの技術や物づくりに対する追及に終わりはないですよね

集中


数学のように1+1=2という絶対の答えは魚が相手の場合は決して出ることはなく、PCのように明確な次の段階への進化はないので、100年前から釣り具の基本的な機能や形はなんら変わっていませんよね。

でもこの釣れると「思われる」ものを作ることはすごく大切だと思います それはその評価の良いアイテムを使用することで、集中力が増すからです
誰でも釣れると評判のものを使う方が、釣れないといわれているものを使うより、釣れる気がして集中できますよね

この魚側の感覚が人間の想像であることに対して、自分自身がアイテムを使用する感覚は、想像ではなくて現実そのものですよね。
ですので、好使用感のものは即現実として使いやすいものです

ですので自分の場合は、この使用感が「現実」の感覚としてすごく重要な位置づけとなっています

ファイト


トーナメントに出始めたころ自分の師匠に、20m以上のディープを底質の種類にかかわらず、0.数グラムの超軽いシンカーであっても確実に、常にとらえられるようになれば、格段に集中力が増すと言われたことがあります。
自分もまさにその通りだと思います

なので、中層釣り等の実際に狙ったレンジをトレースできているのかがよくわからないうえに、障害物にコンタクトするというような感覚が手元に伝わらないテクニックは、集中力を維持することが大変難しく、水中をイメージする力と過去にその釣り方で釣れたという実績が大変重要になると思います
これも集中力を維持するための、人間側の感覚ですよね

皆さんも集中力を維持するためにいろいろ考えて、実行されていると思います。
それって本当に重要なことですよねー

でもでも、これらは文章にすると簡単にできそうなのですが、実際には鍛錬やセンスも必要なんですよねー

という久々の釣りのマジメネタでした

至福の1本
(集中をして狙ってとった1本は最高


スポンサーサイト



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

釣り人側の感覚 次の集中力を引き出す 前編
今年の冬は寒いながらも徐々に春に向かっている感がしますねー

寒いと何をするにもやる気を起こすのが大変ですよね
釣りでも一度寒いと感じはじめると、一気に集中力が減退します。

トーナメントに出るようになって感じることは、この集中力がいかに重要かということです
当たり前のことなのですが、わかっていても集中力を維持し続けることはそう簡単なことではないですよね。

集中して打ち続ける
(いかに集中をして打ち続けられるかは、重要な課題)

プライベートの釣りでは決して味わうことのできない緊張感とプレッシャーの中で、どれだけモチベーションと集中力を維持できるか。

その方法は人それぞれだと思いますが、やはりリズムはめちゃくちゃ大切だと思います これがかみ合わないと集中力を維持することが極端に難しくなりますよね

ということはこのリズムをいかに狂わせないようにするかが、重要になるということですが、リズムを狂わす原因は・・・

・プラクティスと本番で様々な状況が違う
(魚が釣れない、水の状態や雰囲気が違う、天候が違う、タックルがうまく機能しない、体調不良、他の釣り人の影響(選手、一般の方の両方)、その他多数・・・)

自分の場合はこの状況の違いがリズムを狂わす最大の要因です。
ですので、リズムを取り戻すためには大きい意味では「アジャスト」という一言につきるのですが、実は細かい部分の感覚を大切にすることでリズムを取り戻したり、集中力を維持するための1匹につながる場合も多いです

次の1本
(たとえ大雨の中でも集中してとった1匹の魚が、次の魚にたどりつく集中力をさらに引き出す)

その要素の1つが引き抵抗です。

この引き抵抗には色々な種類の感覚があります
巻物系ルアーを巻く際に手元に伝わる感覚、ルアーやシンカーがボトム、障害物をノックする感覚、魚がルアーを後ろから追いかけているときの水流が変化する感覚、ラインが水を切る感覚、その他。

これらの感覚が自分の好きな、「釣れるときの感覚」であり続ければ、集中力が途切れかけたときに、次の一本につながる新たな集中力を引き出す手助けをしてくれます

ニーリング
(クランクベイトのニーリング 釣れることを常にイメージさせてくれる引き抵抗は重要)

長くなりそうですので、続きは後編で


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

書類をカキカキカーキ書き
ここ数日はまためちゃめちゃ寒くなりましたねー

一昨日も昨日も朝は雪が積もっていました

雪景色
(今年はよく積りますね~

日曜日は朝から名古屋行きの用事があったのに、滋賀県付近の雪情報を見て断念
ノーマルタイヤではさすがにヤバいです

さてさて、昨日は契約書や書類関係など事務的なことをいろいろやっていました

担当司令官N島さんからの今シーズンの指令は、「相方と1、2フィニッシュの連続記録づくりを目指す!」です・・・
ちなみに同じプロスタッフの先輩である、なかに~プロへの指令は、「3回は優勝する!」みたいです・・・。
(なかに~プロ、昨日はお電話ありがとうございましたー

しょるい


どっちもかなりイケテル指示内容ですよね・・・

でもこれを達成したら結構、かなり、そーとースゴイですよね

頑張ります


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

カラー デザインのバリエーションが豊富
靴のデザインや形は色々あって、お店で見てても飽きないです
フォーマルでもカジュアルでも靴のデザインの重要度ってめちゃくちゃ高いですよね

シューズメーカーも色々ありますが、カラーバリエとデザインの多さ、手に入りやすいお手軽さでは、アディダスはやっぱりいいですよねー
価格もだいたい1万円前後くらいですしね

くつ


靴底の材質と感触からボートの上で履くことは少ないのですが、普段気軽に履くにはカラー、デザインが多いので服装にも合わせやすいですし、なによりお手軽でいいです

機能性の面では他にも良いメーカーが沢山ありますが、やっぱりこのお手軽さと種類の豊富さはやめられましぇん


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

☆スキーとスノーボードの難易度の差  これからやる方もやってる方も
昨日は春の陽気を思わせる1日でしたねー
でも年度末はやはり、自分も周りもそうですが何だかんだと休んでいる暇がないほど
ちょー忙しいんですよねー

さてさてやっと時間ができたので、この前スキーのネタを書いたときに結構多くの方から
頂いた質問について、この場で答えてみたいと思います
(拍手からメッセージを頂いた方で、見過ごしていた方すみませんでした

「スキーとスノーボードはどっちが難しいのか? 」

これについては昔から何回聞かれたかわからないほどです。もちろん自分も両方の経験者ですが、結論から言いますと、物理的にはスキーの方が難しいです

こう書くと「うそーん、ボードの方が足が固定されてるしムズいで」という人も絶対いると思いますし、実際に何回も言われました

w1


確かにある一定のレベルまでは(特に初心者のうちは)スキーの方がすぐに斜面を滑ることができるようになります。形はきたなくても、ボーゲンで軽い斜面を滑れるようになるまでに、2時間もあれば十分です。(教え方によりますよ

でもボードの場合は日常生活には無い両足固定の一枚板に乗る状態なので、こける回数もスキーの比ではなく、各部アザだらけになるのは間違いないです

w2


でもある一定までいくと、ボードの方が簡単になります。この理由は明確で、板が大きくて一枚(1枚分のエッジ&安定)、足が固定(完成されたスタンス)、この2つの理由につきます

要はスキーは二枚板で脚部スタンスの自由度が高い分、きれいなフォーム、動作を作りあげることがめっちゃ難しいんです その点ボードは両足が固定されている上に一枚板なので、極端な話、乗った瞬間にプロボーダーと同じスタンスをとることができますよね。板に乗るだけでフットポジションはプロ並です

w3


一度想像してみて欲しいのですが、ボードは当たり前ですが左エッジに乗ると左に曲がりますよね。(もちろん荷重配分があります)スキーは両足のそれぞれの右と左のエッジに乗り、板の前後・左右の間隔、両足それぞれの向き、荷重配分を調節しないといけません。いかにも難しそうですよね

このボードとスキーのスタンス制限の差は顕著で、自分で姿勢を制御する要素の多いスキーは、自分のスキルが見た目にもはっきりと出てしまいます。(例えば後傾姿勢等(通称プリケツ))
初心者の人に、初級の中クラスのボーダーとスキーヤーを見比べてもらえば、間違いなくスキーヤーの方がフォームがダサく見えると思います。逆にいえばボーダーは初心者でもそこそこに見えるということです。

w4


この前書きました「カービングスキー」を経験しなかった方は、正確なパラレルに到達するまでに終わってしまった方がめちゃくちゃ多いのではないかと思います。
一説ではボード第1世代の方はこのようなスキー中途の方が大変多いという話ですし、自分の周りにも確かに多かったような気がします。

まあでも個人差もやっぱりありますし、スキーの方が簡単と感じる人もいると思います。
またどのくらいのレベルのスキルを目指しているかでも変わってきます。

これから始める方はこのあたりの両者の特性を知っておいても損はないと思いますよ

w5


あっ、あとスキー、ボードをこれからはじめる方や行き詰ってる方は、定期的にスクール(個人指導)を受講することをかなりお勧めします
たぶん一気にスキルが伸びますよ


テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

最強のロック
音楽は自分にはなくてはならないもので、 何をしているときにも音楽を聞いていたい人です

ライブ、コンサートも兄貴の影響で小学生のころから行っていました
洋楽、邦楽、ジャンルも問わずいいと思ったものは何でも聞きます。

ハードロックはもちろん、クラッシックのコンサートも行きますし、ボストンポップスなどが演奏する映画音楽も聞きに行きました。
邦楽も良いものは何でも聞き、ライブも行きます

その中でも最強のロックはやはり「AC/DC」です
最初にイントロのギターのハヤビキを聞いた瞬間に落ちてしまいました

ヤング兄弟がつくったバンドですが、弟のアンガスのトレードマークであるスクール服、短パン、ブレザーのカッコからは想像のつかない、魂のこもったギター

いつ聞いてもテンションがあがります
超広い会場でも、隅々までの観客と一体になれるパワーは半端じゃなくスゴイです
なかなか日本にはこういうアーティストはいませんよね。

昔から周りにはいろんな音の好きなメンツが多く、めぐまれています
音楽がいろいろなものにあたえる影響力はやっぱりすごいですよねー


(Thunderstruck AC/DC)


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

最近どうもデカイと思ったら・・・
冬場は人間も太りやすいんですが、動物も蓄えるんですよねー
とくに小動物はその傾向が強くて、ハムスターなんかは冬場は多少太っている方がいいんです

でも最近うちのきんたろうは妙にデカイ気が・・。
そういえばしばらく体重量ってなかったなー・・・。

ゴールデンハムスターは、
♂の体重範囲が約85g~MAXで130g
♀の体重範囲が約95g~MAXで150g

ちなみにきんたろうはおとこです♂
はたして体重は・・・・。















デーン

150gジャスト メスのMAX

150g!
(最近アゴが2重になってると思ってたけど・・。

まあ、一応個体差もあるので冬の許容範囲ということで

またふくろ
(そんな袋にばっかり入ってる場合とちがいますで。しっかり動いてちょうだいよ



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

バレンタインですね~
今日はバレンタインだったので、さすがに世間はその話題であふれていますよねー
若い子達の間ではどんなドラマがあったのかなー(オジ&オバちゃまの間でもあるかもですね。失礼しました

その流れに逆らわず自分もどうでもいいチョコネタで

幼稚園、小学、中学、高校、大学、社会人、今までバレンタインチョコは色々な種類をもらいましたが、その頂くチョコの中には手作りのものもあるのですが、自分は結構潔癖なところがあって、手作りは作ってる現場を見ていないと正直食べられませんでした (今はまだましになりましたが。)
なので、誰かにいったん試食(毒み?)をしてもらってから食べていました
ヒドイやつですよねー

でもチョコレートってほんっと美味しいですよねー 男は結構苦手な人も多いですが。
またバレンタインは普段あまり食べないような、変わった珍しいチョコも沢山食べられるので、自分にとってはサイコーです

でも自分の場合は食べだすとまったく止まらないので、そーとーヤバいです
そんな今もお口でちゅるんととろけるチョコを食べてます
幸せ~

チョコ
(甘いものバンザイ

というどうでもいい話でした。


テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

懐かしい写真がでてきた~!
片付けをしていたら、ポロッと懐かしい写真が2枚
スキーで山にコモっていたころの自分です

ちょうど10年ほど前で、スキーのギアはこの時期に大変革期を迎えていました。実に100年ぶりのスキー板の設計変更です
今では当たり前のように店頭に並べられているカービングスキー。でもこの当時はノーマルカーブのスキーの端にカービングが並べられ始めた時期でした。

スキーを教える立場にあった自分は、真っ先にその見慣れないシャモジ型の板を導入し、専用のビンディングとブーツをセットし滑ってみました
そのときの感想は驚き以外の何物でもなかったです 「これがあればみんなスキーが楽しくなるやろうなー」 これが正直な気持ちでした

スキー1
(ちょっと色褪せた感じの写真が、懐かしさを感じさせますねー この時期は真剣にスキーで食っていきたいと考えたこともありました・・。まだハタチのころですしね。)

それと同時に指導方法も全く変わってくるんやろなー、ということも感じていました。カービングというターンの技術は一部の上級スキーヤーにだけゆるされたスキルでしたが、カービングスキーを使用するだけで中級スキーヤーでもその領域にいけてしまうんです

絶対にこれからはこの板がスタンダードになると当時確信していましたが、今ではカービングカーブスタイルの板しかお店にはないですよねー
それからカービングスキーを使った専門の指導法がどんどん確立されていきました。

ボードはボードでもちろん楽しいですが、スキーにもボードには無い2枚板の楽しさがまたあるんですよねー

スキー2
(ウエアーも板もブーツもビンディングも当時最新式のものだったので、今でも見劣りはしません この大改革以前のモデルだと極端に古い感じかじます。こんな夜中にも滑るほどのスキーバカでした

今から考えると、すごくいい時期にスキーにのめり込んでいたと思います。もう少し前の時代で熱中して終わっていたら、現代ウインタースポーツに全くついていけてないでしょうし、ウエアーもド派手ピンクのサイケデリックなバブリーなものを着ている写真しかなかったでしょう

ここ数年は全く雪山に行かなくなってしまいましたが、この写真をみて久々に行きたいな~と思ってしまいました。でもたぶん行かないんやろうなー 他のことに熱中しだすとそれ1本に集中してしまうのが自分の性格なので

という懐かしの回想でした



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

いやし
いろいろな「いやし」は世の中沢山ありますよねー
人それぞれにその手段は異なりますが、人は普通に生活をしているだけでも大気の圧力(atmospheric pressure)というプレッシャーを受けて生きていますし、心身ともに様々なストレスにさらされているので、「いやし」は本当に重要なものだと思います

僕自身もストレスはあまり感じない幸せな性格(バカともいうかも)なのですが、それでも様々な「いやし」の手段のバリエーションを持っています

前置きがめっちゃ長いですが別にたいした意味はありません。
さてそんな本日の「いやし」は大好きなストロベリーの「あまおう」と「きんたろう」です

いちご大大大好き人間の自分にはこのあまおうも「いやし」の1つです。いちごってなんでこんなに美味しいのでしょうか

意外に知られていないのですが、あまおうの意味は、あ→あかい ま→まるい お→おおきい う→うまい です。(べつにどうでもいいですよね

あまおう
(このくらいの量は一瞬でぺろーりです

そして今日のもう一つの「いやし」は袋入りきんたろうです
この袋がこいつは大好きなんです

ふくろ好き1
(よいしょ

ふくろ好き2
(きれいにハマってるでしょー

は~、いやされた
あまおうときんたろうに感謝


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

2008フィッシングショー 足がボウ
昨日は歩いた歩いた、しゃべったしゃべったで1日が終わってしまいました
とても1日では全部見ることができるはずもなく、お世話になっているメーカー様、方々や自分の興味のある数か所のブースで担当者と話し込んで、気がついたら夕方でした

朝、家を出る時点ではみぞれがバンバン降っている状況で、人の入りは少ないかもなー、なんて思っていたのですが到着したら駐車場には結構な車が並んでいました

お世話になっているサンラインさんのブースでN西プロカップルと合流して、N島さんと皆でいろいろ話し込みました。そのときはちょうど並木プロのセミナー中でスゴイ人がブースの外に スター選手を多く抱えるサンラインさんのスタッフの方々は本当に大変です。

サンラインブース


そしてN島さんが「そこ見てみ」と 見てみると自分がデカバスを持って満面の笑みを浮かべている、去年の春先の写真が大きく貼られていました そして、プリントした写真も頂きました  ウレチー 本当にN島さんは、やさしいです 写真ありがとうございました

ブース内1
(ブース内の自分の写真

そして皆でワイワイ写真撮影 僕には兄きぃと思えるプロが何人かいますが、N西プロもその一人です。(僕が勝手に思ってるだけですけどね)頼りにもなりますし、釣りもうまいですし、やさしい N島さんをはじめ社員の方々もそうですし、サンラインの社員、プロスタッフはほんとに皆さん最高です

記念写真


N島さんにモリゾープロの深いお話も聞かせて頂いて、また今年のトーナメントへのモチベーションが高まりました

新しいデザインのアパレルも多数展示されていました。女性向きのカワイイSキャップもあります。これはいいかも。僕がよく愛用するサンバイザーもニューデザインが加わり、バリエーションが増えてめっちゃいい感じです

キャップ
(カワイイキャップ

サンバイザー
(サンバイザー

その後移動し、SHINGOプロとも結構長い時間話し込んでしまいました。ラッキーのブースなのに全然関係ないことも色々話してしまいまして、本当にすみません SHINGOプロはファンもスゴク大切にされますし、やはりインテリジェンスで右脳派の感性の持ち主ですね。本当に昨日はありがとうございました

SHINGOプロと


興味のあるブースやお世話になっている方とそれぞれ長く話し込んでいたので、あっという間に時間が過ぎ去りました

ルアーニュースさん
(いつも取材でお世話になっている名光通信社様のブース。残念ながらMさんたちは金土に取材に来られていたので会えず 残念

もう歩いた歩いた、しゃべったしゃべったで足がボウで、帰ろか~と座ってコーヒーを飲んでいると、ぐっちさん達に奇遇にも遭遇 少し今年のトーナメントの事などについての話をし、ヒューマンのブースにトーナメントブックがあることを教えていただいて、それを頂きに

ぐっちさんたちと
(ぐっちさんたちとパチリ。自分の顔は逆光で見えなかったので、10分の1を残してカット

ルールブック
(これが来るといよいよトーナメント始動って感じですね。)

今年の自分のスタートに良い影響を与えるフィッシングショーでした

ふ~、でもちょー疲れました~


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

久々コヤツのとーじょー!
あっという間に年が明けてから1か月がたちました
この調子でいくと、一瞬でシーズンインですね

ありがたいことにこのブログは釣り関係の方以外にも、多方面の方々に目を通していただいておりますが、コヤツの画像リクエストも結構多いので、また久々にアップします

今日は超ドアップです まんまるな目とピンクの鼻がめっちゃ近いです

動画が大きすぎて粗い時は、小さくしてみてくださいね近すぎるきんたろう
カメラが気になってしゃーないみたい



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用