//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

琵琶湖 ハイドロカーリー
ハイドロカーリー解説動画
琵琶湖 ハイドロカーリー
琵琶湖で爆釣!ハイドロカーリー
琵琶湖 シャッドテール
切り札公開!ロクマルも! 
OSP並木淀川おかっぱり
OSP並木のむちゃぶり淀川 
ウィードレス化した琵琶湖
ウィードレス化琵琶湖攻略 
OSPルアー
OSP十種競技 解説編 
秋から冬の琵琶湖の釣り
O.S.Pルアー 十種競技 
OSPギル系ワーム
ギル系ワームの破壊力
ドライブSSギル
秋の琵琶湖ドライブSSギル
夏の琵琶湖北湖 後編
夏の琵琶湖北湖 後編
カスタムカーで夏の琵琶湖北湖
カスタムカーで夏の琵琶湖
三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ようやくブログに着手 津風呂湖最終戦
ふ~、やっと書けた
今回は最終戦でしたので、ちょっと長めに感じたことを書いてみました。

最終戦の年間の結果を受けて落ち込んでいるんじゃ・・、と心配をしてくれている方も多かったのですが、実はその悔しさは試合後の2、3時間ほどでソッコーで消えていました(超得意技です

最終戦が終わったその日から、激しくバタバタしていまして睡眠も毎日2時間くらいしかとっていません。

普段の生活にプラスして、今月分の新たなニューラインのテストのためのタックル準備、今度の取材用のタックルの準備、津風呂湖においてもらっていた荷物の回収、週末にお誘いをして頂いている○庫ダムの大会の準備、ルアニューの連載の原稿書き、たまっていた知人、友人たちとの連絡のやりとり、その他多数でクラクラです

さてさて、津風呂湖シリーズ最終戦を振り返って、その内容を一言で言うと「自分の悪い部分をあらわした1戦」です。

プリプラの段階では右のスジでは今回のおなじみのエリア&さらに上流でも爆釣、キッカーは水深に関係なく島周りのタテストのフォールで確実に釣れていました。左のスジでもキッカーは完全にタテスト系のフォール。キーパーはベイトつきのミドルからディープ。これで何十本でも釣れる状況でした。キッカーも50UPだけでも結構釣れていました。
先日のブログでも書いたとおり、小さいやつ大きいやつは完全に別モノの動きのようでした。

前日のプラでは、状況は変化していたものの基本は同じ。朝晩の気温が低くなったことで魚の身体能力の調整が安定していないようで、先週と同じテンションになるには10時以降位の気温が必要なようでした。(これは自分の感覚です。)
ですので、朝は活性が低いので先週からは状況は一見激変したように感じますが、日が上がるとバイトは深くなっていき先週と結局似たような感じになりました。
朝一に様子見に入った旅館前のエリアでもそのまんまの現象がおきていて、朝はめちゃめちゃしぶかったですが、昼にはジブさは緩和されていました。

今回メインで入った左上流のエリアでは、前日にも700クラスを普通にミドストでキャッチでき、そのすぐ近くのバックアップエリアでも300~400クラスをイージーにキャッチ。
試合ではシブくなることは確実だとは考えていましたが、タイミングよく移動をしていけば1500gはとれると予想していました。
ですので、わざわざ右上流の船団に突撃する必要はないというのが自分の前日の予想でした。

そして秋といえば魚が散る。横にもタテにも散ります。タテに散るということは、イコール浮くということですが、ボトムベタと浮くという両極端の魚にプラの時点からリズムを合わせる練習もしました。

今回はプラクティスから両極端のスピニングロッドをつみ、釣りこんでいきました。一方はグニャグニャの中層用のサオ。もう一方はハリがある感度ピンピンのボトム用のサオです。

新兵器
(今回Kさんのお助けで導入した、ハリのある方の代表選手

練習の段階では中層で良いのが来るときはボトムがおちびちゃん、中層がおちびちゃんのときはボトムが良い魚という感じでした。
いつもは相方と釣り方を分けることで、効率よくこの2種類の魚の状態を調べられますが、試合当日は真横にいたM田プロがその役をかってくれました

朝の第一投目からM田プロはタテにティップを揺さぶりながらゆっくりとリーリングしていましたので、自分は迷うことなくボトム用ロッドを手にしました。
でもこの日はどの層でもまったく同じおちびサイズが食ってきました。

人間の大人が子供より経験があるように、魚も全く同じで日曜日を完全に知っているみたいですね
おそらくこの日の自分の入ったエリアではどんな釣り方で釣ろうとも試合時間内にはキッカーは出なかったと思います。
このエリアの周辺に入っていた選手の3本のウエイトのLOWとHIの差は300gほど。この結果からもこのエリアのポテンシャルの限界が伺えます。

その点からすると右のスジの船団のエリアの選手の3本のHI、LOWの差(1キロ以上)からみてもポテンシャルの高さが伺えます。この左右のスジのBIGバスの食いの差には流域の面積もめちゃくちゃ関係しているように自分には思えてなりませんでした。明らかに岩盤質のバンクに囲まれた左の上流の流域は狭すぎますよね。魚も窮屈で怖いんでしょうね

そこでですが、最初に書いた「自分の悪い部分をあらわした1戦」とはどういうことか・・。
これは移動できないメンタルの一言に尽きます。
今年はこの選択に迫られる場面がめちゃめちゃ多かったです。
移動しなくて成功する場面もありましたが、同じくらい移動しなくて失敗した場面もありました。

なんのためにバックアップを多くもつように練習したのか・・。
大移動の可能性が十分にあることも予想して、エレキもお借りしたのに・・。
まだまだですねー

さて結果ですが・・、

相方、自分共にリミットメイクはできました。
とくに相方は10時すぎまでNFだったのに、その後あっちゅーまに目の前でリミットメイク

相方フィッシュ
(よくそろえたな~

MY
(1尾あたり7g増えてくれていたら・・・)

そして、年間順位は・・、

2ポイント差で2位となりました。あと20g入れ替えれば1位でした。
まあこれが試合の醍醐味ですよね

年間2位
(このときはさすがに悔しかったですが、二つ隣に立っていたNさんの激沈フェイスをみたら、あまりの気の毒さに自分の悔しさが吹っ飛びました


またまた年間優勝を逃す結果となりましたが、参戦初年度から1度もランキングを下げていませんので(初年度年間8位、2年目5位、3年目4位、今年2位)
来年はいよいよ・・、かな

1年間一緒に参戦した選手の皆様、素晴らしい大会を運営してくださるスタッフの方々、津風呂湖観光の皆様、応援してくれたすべての方々に御礼申し上げます!!
1年間本当にありがとうございました



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用