//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

琵琶湖 ハイドロカーリー
ハイドロカーリー解説動画
琵琶湖 ハイドロカーリー
琵琶湖で爆釣!ハイドロカーリー
琵琶湖 シャッドテール
切り札公開!ロクマルも! 
OSP並木淀川おかっぱり
OSP並木のむちゃぶり淀川 
ウィードレス化した琵琶湖
ウィードレス化琵琶湖攻略 
OSPルアー
OSP十種競技 解説編 
秋から冬の琵琶湖の釣り
O.S.Pルアー 十種競技 
OSPギル系ワーム
ギル系ワームの破壊力
ドライブSSギル
秋の琵琶湖ドライブSSギル
夏の琵琶湖北湖 後編
夏の琵琶湖北湖 後編
カスタムカーで夏の琵琶湖北湖
カスタムカーで夏の琵琶湖
三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

人生2回目の池原は・・ 近畿ブロックCプラクティス
先週に引き続き、今週もとっくんと一緒に池原ダムにプラに行ってきました
今回もホワイトリバーさんにお世話になりました

前回は初めてということもあり、池原全体の地形、水質などを見てまわりたいということもあり、釣り半分、移動半分でしたのでじっくりと釣りこむことはしなかったのですが、今回は前回気になったエリアを釣りこんでみることに。

今回もとっくんのスーパー魚探は健在でした とても僕には扱い切れないみたいです 次回はさらに対策を施してばっちり水面下の状況がわかるようにしましょうねー

さてさて、大会を目前に控えているので、詳しくは書けないのですがめちゃめちゃデッカイリザーバーではありますが、なんとなく見えてきましたよー
雨が降っていたこともあり、先週とはあきらかに状況は変わっているようでした。

この湖を釣りこんでみて感じたことは、現段階では面白い組み合わせで魚が存在しているということです。ベイトの種類ごとによるバスの大きさ、数の多少はもちろんですが、それだけではなくバス自体のサイズごとの組み合わせも面白かったです。(わかりにくい書き方ですみません

今の池原ではこのバスのサイズ(とくにちょーミニマム)が確実にキーになっているみたいです。(あくまでも自分の感覚ですよー

池原の経験がほぼ無いだけに、この時期のセオリーに当てはめて純粋に魚を探せているように思います。

釣果1
(5本リミットでは貴重なサイズとなるであろう700g弱のキーパー

釣果2
(こちらは800g弱。このサイズを選んで複数釣ることができれば可能性はあるのでは・・・。)

このサイズの魚がキーになる理由は今大会のリミット数はもちろんですが、大会になるとキロを超える大きな個体から順番に釣れなくなる可能性が高いからです。ましてや今回は100人以上が参加する大会・・。
しかも池原の経験が浅い人も多いはずなので、大会前日の土曜日はしっかりと釣りこむ人も多いのでは・・。

釣果3
(雨でピントがボケまくり

釣果4
(カメラ壊れなくてよかった

でも試合はふたをあけてみないとわかりませんしね。
ましてや気まぐれな秋ですし
どんな大会になるのか楽しみですねー

もう1回プラに入れそうですので、最後はエリアと当日に使える釣り方をさらに絞り、できればバスのサイズごとのパターンも絞れたら最高ですね



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用