//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

琵琶湖 ハイドロカーリー
ハイドロカーリー解説動画
琵琶湖 ハイドロカーリー
琵琶湖で爆釣!ハイドロカーリー
琵琶湖 シャッドテール
切り札公開!ロクマルも! 
OSP並木淀川おかっぱり
OSP並木のむちゃぶり淀川 
ウィードレス化した琵琶湖
ウィードレス化琵琶湖攻略 
OSPルアー
OSP十種競技 解説編 
秋から冬の琵琶湖の釣り
O.S.Pルアー 十種競技 
OSPギル系ワーム
ギル系ワームの破壊力
ドライブSSギル
秋の琵琶湖ドライブSSギル
夏の琵琶湖北湖 後編
夏の琵琶湖北湖 後編
カスタムカーで夏の琵琶湖北湖
カスタムカーで夏の琵琶湖
三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

大特価フットエレキ & 今年の業界キーワード・「ベイトフィネス」の専用機
今日の大阪はめちゃめちゃ雨が降っています

フィールドにでていると雨ふりに対してそれほど何も思わないですが(むしろプラスになることも多いですよね)、街中で仕事をしているときに窓の外で雨が降って薄暗いと、なんかテンションが上がりにくいですよね
やっぱりお天気の方がいいですね

さてさて、エレキの修理屋さんでは現在限定3台でフットエレキ(新品 ミンコタ エッジ40フット五段モデル)が大特価奉仕中です

しかもなんとシャフトカット込みの価格です

特価エレキ
(ミンコタエッジ40フット五段モデル エレキレイクで軽量ボートには十分なスペックです。またトーナメントの予備エレキとしても良いかもしれませんね

詳しくは→<大特価フットエレキ 

そして、今年の業界のメインキーワードといっても過言ではない「ベイトフィネス」
この釣りにもメリット、デメリットがもちろんあります。

またそのあたりについては徐々に書いていきますが、自分的には出番はそれほど多くはないといいますか、どこからが従来の普通のベイトの釣りで、どこからがベイトフィネスの釣りなのかも微妙ですよね
割り切ってスピニングを使用した方が、圧倒的にメリットがある場合も数多くあります
でもベイトを使う方がメリットがある場合も、もちろんあります。

そのあたりの内容はおいておきまして、その「ベイトフィネス」の釣りに使用する専用ともいえるベイトリールが、「PX 68 R(L) リベルトピクシー」です。

超肉薄のジュラルミン製φ31エアスプールや80mmのカーボンクランクハンドル、ハイスピードのレベルワインド等を装備している「ライト」にこだわった機種です。

また、ギヤ比6.8のハイスピードギアはかなり自分的には使えると思っています。
軽量リグ、ルアーの釣りにローギアを使う意味は、自分的には全くないと感じています。超軽量自転車で下り坂でローギアでコギまくっている感覚です

リベルトピクシィ
(「PX 68 R(L) リベルトピクシー」 リザーバーはもちろんとして、琵琶湖でも有効な場面は必ずいろいろあるように感じています

キャンドルテール3.5を使ったカバーがらみの軽量リグの釣りや、フラッシュJの4インチ(近日発売)を使った水面系の釣り、またミニクランキングジャックやクラッチのSSR、SR、軽量シャロー系クランクを使った増水時のカバークランクの釣り、手返しを考えた場合等に、軽いルアー、リグをストレスなく投げられるベイトリールがあると、釣りの幅は間違いなく広がるように感じます



スポンサーサイト



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用