//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

琵琶湖 ハイドロカーリー
ハイドロカーリー解説動画
琵琶湖 ハイドロカーリー
琵琶湖で爆釣!ハイドロカーリー
琵琶湖 シャッドテール
切り札公開!ロクマルも! 
OSP並木淀川おかっぱり
OSP並木のむちゃぶり淀川 
ウィードレス化した琵琶湖
ウィードレス化琵琶湖攻略 
OSPルアー
OSP十種競技 解説編 
秋から冬の琵琶湖の釣り
O.S.Pルアー 十種競技 
OSPギル系ワーム
ギル系ワームの破壊力
ドライブSSギル
秋の琵琶湖ドライブSSギル
夏の琵琶湖北湖 後編
夏の琵琶湖北湖 後編
カスタムカーで夏の琵琶湖北湖
カスタムカーで夏の琵琶湖
三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

今年もフィールドテストは順調です
現在東北の被災地に友人が支援で行っていますが、実際の現場は言葉では表現できないような状況だということが、アップされるボイスで伝わってきます・・。

復興には数々の難関が待ち受けていますが、必ず乗り越えていけるのでみんなで頑張って日本を盛り上げていかないといけませんよね!

さて、昨日は松本さんとルアーテストとフィールドの下見も兼ねて一日釣り込んできました

新しいハンドポワードワームのテストも順調に進んでいます
また、今年も新アイテム開発のためにガンガンフィールドに出て釣れる楽しいアイテムを皆さんにお届けできるように、またスゴイ映像や釣り方をおみせできるように頑張りマクリたいと思います

フラッシュJ3・ゴールドフィッシュ
(松本さんのフラッシュJ・3インチのプロブルー・ゴールドにきたBIGフィッシュ やはりゴールドアルミバージョンはいろいろな水色に万能です

今週からはいよいよ春本番の気候に突入していきます
4月以降もガンガンフィールドに出て、良い仕事ができるように頑張ります



スポンサーサイト



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

難易度S級 東条湖のデカバスサイトフィッシング
今日から友人のごうさんが被災地にボランティアに入りますが、mixiやツイッターを使って状況もアップできそうならしてくれるようですので、現状をしっかりと把握して今後の活動に活かしていきたいと思います。

気をつけて行ってきてくださいね!

さあ昨日はO本さんと東条湖にタックルテストを兼ねて行ってきました

上流に難易度Sランク級のハイプレッシャーBIGバスがさしてきていて、「どうやって釣るのかをみてみたい」というO本さんのリクエストにお答えして攻略を試みてきました。

上流に一部ジンクリアなエリアがありそこがサイトの釣りをみせるにはわかりやすいので、そのエリアで釣り込んでみました。
多少濁りがある方が自分的には食わせやすいのですが、見てる側からは何をやってるか全くわかりませんからね・・

さてさて上流の魚ですが、ウワサ通りの難しさでした・・・

でも自分のやり方にハメて、何とかナイスなバスちゃんを釣ることができました

東条湖BIG55センチ
(口閉じ55センチジャストのBIGバスでした。この魚を仕留めるまでの釣り方を最初から最後までO本さんに見てもらいましたが、超喜んでもらえてよかったです

サイトフィッシングに対しては、難しいイメージを持たれている方もおられると思います。
自分は特別サイトがウマいとは思いませんが、基本さえおさえていれば誰でもある程度魚はとれるようになると自分は思っています。
(この基本ができるようになるのに、サイトばっかりやり込まないといけない期間はありますが・・

ここでいうサイトとは、ネスト系サイトとは全くの別のもです。
産卵を意識した魚はまた全然行動が違いますしね

またサイトにも人によって様々な流派がありますのでやり方もいろいろあると思いますが、自分が今まで釣り込んで魚を見ながら経験したきた中で大切だと感じるポイントを以下に書いてみましたので、これからサイトの釣りをやってみるという方は参考にしてみてくださいね~

・水色に目をならす
ずっと水の中をみて、緑色に浮かび上がるバスのボディのシルエット、黒い尻尾をすぐに見つけられるようにします。個人差はあると思いますが、自分の場合は周辺の景色なんかを見てしまうと目がリセットされてしまいます。あと水面がギラつかない方向からできるだけ見ることも大切です。また、目にあった偏光サングラスを選んでくださいね。自分の場合、今回はα-sight・イエローSを使用。

・エレキは踏んだままか、はなしたまま
これはかなり重要。バスを見つけたりアプローチするときはエレキは踏みっぱなしか、はなしっぱなしが鉄則です。踏んだままで多少水流がバスにかかるくらいでも意外に大丈夫だったりします。それよりも一番最悪なのはスイッチをカチカチすることです。バスだけに限らず魚類はこのストップ&ゴーに超プレッシャーを感じているみたいです。

・どの角度からでもキャストはある程度できるようになる
イイ場所にルアーを送り込むのに、投げやすい位置にボートを動かしていたら釣れる確率は間違いなく下がります。

・釣れない魚は見切る
どうしても釣れないバスは必ずいます。自分に釣れるバスと釣れないバスを見極められるようにすると、効率がいいですよね。

・ルアーをローテーションさせる・見せすぎない
自分の場合はかなりローテーションします。そうすることでスレさせないですし、そのバスの当たりルアーを見つけられるので。

フリルシュリンプ3.5&フラッシュJ2
(今回は5種類ほどローテーションさせましたが、決め手になったのはフラッシュJ・2インチ&フリルシュリンプ3.5インチの2種の合わせ技。フリルシュリンプがスモラバになる場合もあります

・あせって投げない 投げる場所が大切
自分の場合はバスが自分の釣り方で釣れる場所に行ってくれるのを待つか、追い込んで釣ります。ルアーを仕掛ける地形がないと自分のやりかたの場合は無理なので、バスと地形は良く観察します。あとラインの通る角度にも注意が必要です。

基本はこんな感じです
結構簡単ですよね

もちろん実際にはもっと細かいポイントはいくらでもありますが、基本がわかっていればあとはシチュエーション別でチョイチョイ応用させるだけなので、めちゃめちゃマニアックなことをするのでなければこんな感じで十分魚は釣れます

今回はラインテストも同時にやっていたのですが、3lbで上の55センチはもちろんですが、下の驚愕ナナマルオーバーもちゃんと普通にランディングできたので今のところは問題なしですね

ナナマルオーバーのコイ
(極太 上下左右に超暴れてくれました・・ ウィールヘッドをバッチリ口で食ってました・・)

さあ、まだまだフィールドでやることがあるので頑張りますよ~



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ボランティアのいろいろ & 仕事のお勉強 & タックルテスト
昨日は神戸の某所に携行タンク等の物資を運んできました。

友人のゴウさんがチームを組んで今週末から被災地にボランティアに入るので、個人的にボランティアの現状も是非お聞きしたくて行ってきました。

ボランティア1
(神戸の某所。ゴウさんは阪神・淡路大震災でもボランティアに入ったエキスパートです

ボランティア2
(子供達とお年寄りとの避難所での有効なコミュニケーションツールとなる折り紙。また運搬の際に場所をとらないというメリットも それを聞いて早速持って行かせて頂きましたが、正直ぜんぜん思いも付かないアイテムでした。やはり現地に精通している人に色々聞くと勉強になります

今回一番勉強になったことは、被災者のボランティアに対するニーズがめちゃめちゃ多岐にわたるということです。

被災はしたが健常に近い人、けが人、精神的に通院の必要な人、お年寄り、子供達、障害をもつ人などなど、それぞれに違った対応、ボランティアが必要です。
ゴウさんチームもそんないろいろあるニーズの中の、ある任務をまかされたボランティアチームです。

また帰還されたら色々詳細を聞いて今後の支援に活かしていきたいです。
気をつけて行ってきてくださいねー

そして神戸まできたので帰りにもと地元の宝塚によって仕事の大先輩の一人、ポーラ社長と久々にお茶
尊敬する人物の一人です

喫茶店
(もと地元のオシャレな喫茶店 国内だけではなく、海外とのビジネスも展開しているポーラ社長の話は超面白い あっという間に数時間が経過。)

自分が法人を立ち上げてから今年の決算で早くも8期目となりますが、ポーラ社長はその何年も前から会社をやっているわけですが本当に勉強をさせてもらっています

どんなビジネスでもそうですが、視野を広く持って様々な業種、業態を知ることで、自分の分野に活かせることは間違いありません。

ポーラ社長と話していて、今後日本の未来は大きく転換していくと痛感しましたし、海外に目を向けることは間違いなく重要ですよね。

また昨日個人的に感じたことは、やはりイメージしたことや物事等の特徴、詳細等を言葉、文章でしっかりと伝わるように表現できる能力は超重要ですね。

「とにかく使えばわかる」「説明、語るのは苦手なので」ということを良く耳にしますが、逆にいえば「使わないとわからない」ということでもあるので、それだけで間違いなくビジネスチャンスは逃げていますよね。

ポーラ社長、昨日は遅くまでありがとうございました
いよいよ5月が楽しみですね!みんなで行きますよ~

そして色々とタックルテスト等もこなしているわけですが、様々な釣り具の中で自分が思う一番テスト、評価が難しいのがライン(糸)じゃないかと思っています。

耐摩耗性、耐久性、結束、直線強力、しなやかさ、感度、糸ヨレ等いろいろな項目で比較、評価をしていくわけですが、ラインの太さや使うタックルのバランス、ノットの種類、その日の気温、水温、水質、かけた魚等でも感覚は変わってきます。

ちょっとしたテスト段階での妥協が、おそらくフィールドでアングラーが魚を逃してしまう様々な要素につながっていくのだということをテストをしていて感じます。

FCスナイパーの改良プロト
(FCスナイパーの改良プロト。新製品は一旦発売されたらそれで終わりではありません。車と同じようにマイナーチェンジをしながらどんどん品質向上を目指していきます。)

またラインを深く考察することで、間違いなく釣りのスキルは伸びますよね 例えばノットの強さなんかもそうです。糸のテストをするようになってからは間違いなくラインブレイクは減りました。

1.5lbや2lbでもラインが劣化していなければ、普通にデカイ魚を結構強引にやりとりしてもとれますが、これもラインをどう扱えばブレイクするかをわかっているのとわかっていないのとでは大違いですからね。

自分は普通にゴミやカバーの中にも4lbでライトリグをブチ込んで魚を抜いたりしますが、タックルバランスと扱いさえ考えてやれば結構とれるもんです
フロロの4lbって実はめちゃめちゃ強いですからね

逆に太いラインの方が操作感が悪かったり、ルアーに不自然なアクションがついたり、カバーに絡んだりするときもあるくらいです。
例えば4lbでゴミに根ががってロッドの弾力をつかった状態で、ラインブレイクさせるのって結構難しいですからね。

サンラインのスーパーマシーン
(ラインの性質を知れば強いノットも結べるようになるかも?この数字は先日サンラインのスーパーマシーンを使って自分のノットの強さをはかった時のものですが、6lbで2.86は最高に近い値でかなりスゴイらしいです

釣りって色々な道具が関連しあっているので、ホントに面白いですよね~



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

復興 メンタルケア 普段通りの生活という意味
今日も被災地やその周辺の方々何人かとコミュニケーションをとっていましたが、当たり前ですがまだまだ混乱状態は続いています。

現時点で何にもまして急を要するものは、衣食住にかかわる物資、環境の安定供給です。
これがまず安定的に供給されるようになるまで、復興のスタートラインにはなかなか立てたとは言えませんよね。

この環境が整い、次に非常に大切になるのがメンタルケアという人間にとっての大きな要素です。

このメンタル面のケアの良し悪しによって今後の力強い復興や、日本の未来をも大きく左右するということは間違いなくいえると思います。

例えば被災者の心理面。大人ももちろんですが特に子供に関してはモノスゴク大きな傷をおっています。

阪神・淡路大震災当時、震災後は家の前を軽く車が通っただけで反射的に身体がおびえるという状況がずっと続いていました。
また簡単なパジャマやジャージのような服装で睡眠をとることができるようになるまでにも半年かかりました。
それまではいつでもすぐに飛び出せる服装で寝ていました。こうしなければ寝つけないのです。

これは当時高校生だった自分でこの状態です。この頃近所の被災地に復興支援等で入ったとき、現場の子供達は一見元気そうに見えても間違いなく心に傷を負っていました。

またこの心の傷を受けるのは、被災地の方だけにとどまりません。

今年も未来ある子供達との釣り企画をおこなっていくために、つい先日キッズラボのK社長と電話で打ち合わせをしていたのですが、子供達やそのご両親等が海に近づくのを非常に怖がっているというお話をしてくださいました。

連日TVで放送されている津波、被災地の映像を顕在意識が薄い状態でみることで、まるでサブリミナル効果のように心に刻み込まれてしまっているのでしょうね。

今年に関しては、しばらくは内水面での講義を中心とした企画を考えていき、釣りを通して少しでもメンタルケアや自然の力への尊敬、感謝の思いを子供達に深めてもらえるお手伝いができる内容にしたいと考えています。

未来ある子供たち
(子供達は日本、世界の未来にとって無くてはならない存在です。今回の震災の苦い経験をプラスにかえて、将来に活かしていけるようになってもらうためにも、大人たちがそれぞれの立場で今できることを精一杯やらなければいけないと思います。)

また今回の大震災は歴史上まれにみる規模の大きさですが、この震災が今後様々なことに対して与える影響を、皆が冷静に判断する必要もありますよね。

よく被災地以外の人は普段と同じように生活することが大切という内容を最近ではよく目にしますが、これは自分もその通りだと思います。

ただ、この「普段と同じように」の中身が大切だと感じています。
日常生活を送りながらも、人間としてどのような心構えで復興支援にそれぞれの立場で携わっていくのかが重要だと思っています。
これだけの大災害ですから、今までと全く同じように皆が生活できるということはまず難しいですからね。
どんなに被災地から離れた地域でも、少なからずなんらかの形で影響は必ずあります。

今回の震災では自分の知っている団体や個人も現地へ支援で入っています。
明日も、ボランティアとして数日後にチームで現地へ入る知人に物資をもっていきますが、現場の生の声をできる限り正確に詳細に聞き、この先何年もかかるであろう復興にむけて、今後も継続して自分にできることをしっかりと日常生活を送りながら取り組んでいきたいとあらためて思いました。

そして過去に大きな震災等を経験した人は、その経験を語り、活かして今回の被災者の方々を是非とも勇気づけてあげて欲しいと思います。


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

刻々と状況がかわっています これからが大切・・
日々刻々と、今回の震災の影響が明らかになり始めています。

各地で地震もまだまだ相次いでおり、原子力発電所問題も予断を許さない状態が続いています。

阪神・淡路大震災当時もそうでしたが、よくこのような状況で使われる言葉に「自粛」「不謹慎」等がありますよね。

これは感情的、モラル的な側面で見ても本当に大切な言葉です。
日本人のモラルや礼儀という部分は、今回もそうですし昔から世界の中でも高く評価されてますよね。

でも一方では買占め行為が起こってしまいます・・・。
関西以西でもこの現状がみられるということに、情報化社会の恐ろしさがありますよね・・。

また「申し訳ない」という感情の向く方向が違ってはいけないと思っています。
「被災地域の人に比べて自分はぬくぬくと食事をして申し訳ない・・」
「テレビで悲惨さをみていると、とても申し訳なくて自粛したい・・」

この感情・マインドの向く方向を間違うと、復興が遅くなることは間違いありませんよね。

感情面を抜きにして考えたとき、復興に必要なものは「資金」であり「マンパワー」です。
そしてそこにマンパワーを引き出す感情面である、「企業マインド」「消費者マインド」「ヒューマンマインド」があって復興につながっていきます。

十数年前に以前の自宅の周辺地域にも仮設住宅が立ち並んでいき、災害復興住宅の支援も行われていましたが、今回形はどうなるかはわかりませんが、一日も早く当時実行された「ひょうご住宅復興3ヵ年計画」のように被災者の方々の住める住宅をまずは確保していくところまでもっていかなければなりません。
また阪神、淡路大震災でも問題になったコミュニティの崩壊等が起こらないように、しっかりとした復興住宅地域のプランを立てることも大切です。

そのためには被災者以外の方々がしっかりと経済活動をし、お金を回していかなくては話になりませんよね。

自分は普段から様々なジャンルの職種の方々と接する機会が多いのですが、今回の地震以降も各地の多くの方々とやりとりをしました。

そこで感じたことは、職種によって様々な感情や「見方」もしくは「見られ方」が交錯しているということです。

例えば現在原子力発電所の最前線で作業にあたっている方もいれば、物資運搬をする企業の方もいますし、スポーツ選手もいれば、飲み屋の店主もいますし、レジャー産業のメーカーの社員もいます。

このような未曾有の災害時にはそれぞれに様々な考え方、見方、見られ方があるのは当然ですが、一つ確実にいえることは経済活動を個人のマインドの低下でとめてはいけないということですよね。

これから復興に対してめちゃめちゃお金がかかることは、紛れもない事実として目の前にあります。
この何兆円という資金の大部分は日銀がコントロールをしていくわけですが、このお金は当然降って湧いてくるわけではないですよね。

しっかりと働きながら募金等も継続してやり続ける。
そしてそこから更に+αで、それぞれの職種や立場を活かしながら継続的にもっと協力をしていく。

今後本格的に復興活動に入っていったとき、この「継続」が本当に大切になると思います。
「のど元過ぎれば熱さ忘れる」のが人間の良い面でもありますが、悪い面でもあります。

今だけの募金やボランティアではなく、1年後、2年後にさらに必要になるのでずっと続けていくことが大切だと感じています。

阪神、淡路大震災の時とは違いインターネット、携帯の普及によってさらに情報の伝達が速くなり、だれでも個人の意見、感情に触れやすくなったことでいろいろな面で複雑化してはいますが、基本はなにも変わってはいないですよね。

今も現場で命をつなぎとめて救助を待っている人がいるかもしれません。
また、不安な日々を多くの人が過ごしています。

現場で不眠不休で頑張っている様々な職業、多くのボランティアの皆様、心から応援をしています!


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ようやく連絡が入り始めていますが・・
週明けの今日も朝から関東、東北方面の仕事、プライベートの両方の関係各企業、人との連絡で一日が終わりました。

多くの方の無事を確認できたのと同時に、まだ音信不通の東北の取引先等も存在します。
東京に本社のある企業も大変混乱をしているようですし、本当に事態は深刻です。

関東の方が皆共通して言われることは、まるでオイルショックさながらの状態だということです。

遠方にいる人間は主に各メディアを通してでしか現場の状況を知ることはできませんが、メディアで報道されている以外の部分もかなり深刻です。

阪神・淡路大震災のとき家の前の道路から水が噴き出し、避難勧告車、給水車が毎日のように走りまわり、自衛隊、報道のヘリがずっと飛び交い、お風呂を借りに行き、全壊した家に住んでいた親戚の無事をテレビの画面で知り、余震におびえ、それが毎日毎日続いていました。

このときに知りたかった情報は地震のメカニズムでも株価の変動でもなく、もしものときにどうやってどこに避難をするのか、支援はどこまできているのか、自分の地域の現状はどうなのか、関係のある人間が無事でいるのか、そしてこの先どうなるのか・・。

そして今回は原子力発電所の問題があります。
これは本当に深刻な事柄であり、この情報もできる限り具体的に発信をしてほしいです。

放射性物質について知識のある人間なんて非常に少ないです。
放射線被ばくについて放射線の特徴を踏まえてもっと具体的に説明をし、またリアルタイムに施設の状況を発信し、周辺の方々を速やかに避難できるように、また安心をさせてあげられるようにして頂きたいですよね。

是非情報を発信するメディアの方々もCMをACにするだけではなく、それぞれの立場はもちろんあるとは思いますが、被災者の方々にとって最も必要とおもわれる内容を吟味して放送をして頂けると本当に有り難いです。

まだまだしばらくの間は、混乱状態が続くということは間違いありません。
だからこそしっかりと目の前のできることをしていきたいですよね。


テーマ:手作りゴム銃 - ジャンル:趣味・実用

地震・・ 今日はルアーニュース発売日 明日は名古屋バスフェスタなのですが・・
とんでもないことが起きてしまいましたね・・・

地震国日本・・、阪神淡路大震災をモロに経験しているだけに本当に言葉を失います・・・
原子力発電所でもしメルトダウンなんかがおこったら・・・

とくに関東、東北方面の皆さま、ただただ無事を祈っております。
友人、知人ももちろんいますが、もし必要なものがあれば連絡をしてくださいね。
今は現地に向かって電話をかけたりするのは混乱をまねくだけですので、できる限り現時点では避けた方が良いと思います。

今は目の前の事をこなしていきながら被災された皆さまには、これから明らかになる情報を収集しながら今後自分たちのできることをさせて頂きたいです・・。

さあ・・・、明日は名古屋バスフェスタです
フィッシュアローブースで皆さんのお越しをお待ちしております!

また本日金曜日発売のルアーニュースWESTに、真冬のリザーバー攻略として布目ダムの釣り方を徹底解説しております

ルアーニュースリザーバー特集1
ルアーニュースリザーバー特集2
(冬から春に向けての魚の探し方から、ルアー、タックルのセレクトまで細かく解説しております。バスの越冬場所の魚探の映像なんかも、やや見難いですがのせてあります

近畿圏のコンビニ等の新聞コーナー、釣り具店等で販売しております
早春の様々なフィールド全般に共通する内容でもありますので、よろしければ是非ご覧くださいね



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

高コストパフォーマンス・スピニングリール
今日も朝から電話やメールの対応したり色々とバタバタとしていて、あっちゅーまに一日が終わりました・・

そうそう皆さん、昨日のザ・ヒットは観て頂けましたでしょうか?
あの気難しい冬と早春の境目のデカバスを見事にキャッチできたのは、キャンドルテール&ショートリーダー・ダウンショットの威力だと自分も感じています

キャンドルテール&サタンテール
(キャンドルテール、サタンテール+ショートリーダーのダウンショットは、そのセッティング次第で色々な使い方ができます。過去にはトーナメント等でも、フックのサイズ、シンカーのウエイト、リーダーの長さ、ロッドの種類等のセッティングをいろいろと変えて、中層、ボトム、カバーと様々なシチュエーションでめちゃめちゃ重宝していたリグです

今年もあらゆるシチュエーションで、キャンドル、サタン&ショートリーダーDSは間違いなく重宝しそうです

さてタイトルにも書きました「高コストパフォーマンス・スピニングリール」についてですが、そのリールとは2011年発売モデルの「NEWフリームス」(以下 11フリームス)です。

この11フリームスは、一昔前では考えられない装備が考えられない価格でモレナクついてきます

11フリームス 1
(11フリームス・3月末~4月発売予定

主な機能・装備内容としては・・

○REAL FOUR:もちろんRCSスプール等への換装も可能
○ZAIONボディ:上位機種に採用されているDAIWA独自の素材「ZAION」を、ボディとボディカバーに搭載したことで大幅に軽量化
○エアローター:軽量化に加え回転レスポンスが格段に向上
○カプセルボディ:ボディ内部に海水や異物の侵入を防ぐカブセルボディ構造・オイルシールとの相乗効果で防水性が大幅に向上
○アルティメットトーナメントドラグ
○ABSⅡ
などなど

バスフィッシングで良く使う浅溝の2004番でウエイトが220g、2506番で240g

11フリームス 2
(この豪華仕様で希望小売価格がなんと、\16000チョイです

お店等では希望小売価格よりお安く購入頂けると思いますので、間違いなく買いのリールだと思います

トーナメントなんかでもこのリールで十分に対応できますし、ライトソルト、シーバス、エギング等でももちろん使用できます。また、上位機種を購入し予備機として持っているのにも最適です。

さらに詳しくは、DAIWAの特設専用ページをご覧ください
11フリームス詳細

入門者からベテランまでホントにお勧めの一台です


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

今度の週末は・名古屋バスフェスタ2011
寒暖差の大きな時期に段々となってきましたが、皆さまにおかれましては体調を崩したりはしていませんか~?

さてさて今度の週末3月12日(土)、3月13日(日)には、名古屋バスフェスタ2011が開催されます

名古屋バスフェスタ2011
(2日間ともフィッシュアローブースにいますので、皆さんにお会いできるのを今から楽しみにしています またスティールハントも同じブース内に展示されますよ

フィッシングショー大阪に引き続き今回の名古屋でも、お昼の12時から先着100名様(各日)に「フラッシュJ・2インチ&ウィールヘッド&説明書」のセットをプレゼントいたします

フラッシュJ・2インチ&ウィールヘッド&説明書
(「フラッシュJ・2インチ&ウィールヘッド&説明書」を100名様にプレゼント!是非ブースに遊びに来てくださいね

またフィッシュアローブースの位置は、入口を入ってセンタールートに面した「E-2]になります

アクセス等の詳細は→名古屋バスフェスタ2011HPをご覧くださいね!

また、いつも超お世話になっているエレキの修理屋さん(ブース位置・A-4)も出展されます
水槽を使った面白い展示もありますので、是非皆さま足を運んでくださいね

エレキの修理屋さん
(エレキの修理屋さんも、現在バスフェスタに向けて急ピッチで準備中

ちなみに当日エレキの修理屋さんブースでは、大好評のオリジナルシーアンカー・「修理屋さんの落下傘」の2011年モデルの販売もあるようですので楽しみにしていてくださいね!
落下傘参考ページ

当日皆さまにお会いできるのが今から超楽しみです


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

冬と春の魚が混在 & ゲーリーシリーズNEWアイテム発売
三寒四温っぽい気候になってきましたね~

あと1か月もすれば現在の魚からの反応の遠さがウソのように、生命感あふれるフィールドになってきているんでしょうね

さてホームレイクの1つの布目ダムの魚も、冬と春を行ったり来たりしているようです。

同じ季節にコンディションの全く違う「冬系と春系の魚」を釣ることができるのも、この時期の面白いところですよね~

キャンドルテール4・布目バス
(このバスは冬から春のポジションに移動しようとしている途中の個体。お口が真っ赤でした キャンドルテール4インチのライトキャロでの1本。)

そしてキャンドルテールのボリュームアップバージョンの4インチと、サタンテールの3インチの発売が近づいてきました

まずはサタンテール3が今週からお店に並び始めると思います。

キャンドルテール4&サタンテール3
(サタンテール3&キャンドルテール4。過去に何度も書いてきましたが、素材はもちろんなのですがこの形状に釣れる要素が詰まっています

ハリのあるソリッドロッドを使用してのサタンテール3のボトスト(ボトム付近での浮かせた釣り)や、キャンドルテールの巻きキャロ&バンクキャロはハマると本気でスゴイ釣果をうみます
例えばもうすぐオープンする津風呂湖では、自分の経験上サタンテール・スカッパノンのボトストはかな~りデカバスに効きますよ(もちろんエリア選択や使い方はありますよ

今年もボトストの効くシーズンになるのが今から超楽しみです

このキャンドル&サタンの使い方に関しても、実釣での釣果を踏まえながら今後どんどんシーズン中にアップできたらと考えていますので、みなさん楽しみにしていてくださいね~



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

釣りにまつわる環境を考える
またサム~イ日が続いていますが、ホントにこの時期は魚の動きを追いかけるのが難しいですよね

でもこの冬~早春はバスの動きをとらえることさえできれば、モノスゴイモンスターフィッシュをGETできる可能性が一番高いときでもありますので、寒い中でもやりがいがありますよね~

さて現在グローブライド(DAIWA)のHP上では、環境についての取り組みの動画がアップされています

グローブライド・環境への取り組み

過去に何度か環境についてもいろいろな内容をアップしてきましたが、釣りに関わることだけに限らず地球上では様々な環境問題があるということは皆さんもご存じの通りです。

この「環境問題」というキーワードですが、これは何も釣り場のゴミ問題やフィールドの減少、温暖化といった自然環境的なものだけではありません。少子化やインドア志向等も釣りの未来にかかわる重要な「人的環境問題」だと自分は考えています。

この環境への取り組みという部分が、自分がグローブライドさんの企業方針に共感した1つの要素でもあります。
上の動画の中にもあります「BE EARTH-FRIENDLY」や、昨年コーチとして参加させて頂きました「ダイワヤングフィッシングクラブ(DYFC)」等もその取り組みの一環です。

どうしても資本主義の世の中ですので、ビジネス志向、新製品開発競争等という社会であることは仕方がありません。でも高度経済成長時代ではないこれからは、この「様々な環境問題」ということに対して真剣に取り組まずして生き残っていけるような世の中ではないですよね。

自分も地道にではありますがこの環境問題に対して、これからの時代を支える子供達という存在を中心として取り組んでいければと考えています。また大学の研究室との共同プロジェクトなんかも、将来的には立ちあげていければとも考えています。
幸いにも協力を得られそうな教授陣も頭に浮かんでいますので、これもいつかは実行をしたいと思います

最後にグリーンコンシューマー(green consumer)という消費者に関しての行動について、参考までに書いてみたいと思います。
簡単にグリーンコンシューマーを説明すると、「環境に配慮したアイテムを選択し購入するユーザーのこと」ということになります

green consumer
(green consumer)

□グリーンコンシューマー・10原則

①必要なものを必要分量だけ購入する
②使い捨て商品ではなく、長期的に使えるものを選択する
③作る、使う、捨てる等の各場面において資源とエネルギー消費の少ないものを選択する
④包装等のないものをできるだけ優先し、次に最小限のもの、容器は再使用できるものを選択する
⑤化学物質による環境汚染と健康への害、影響の少ないものを選択する
⑥自然環境、生物多様性を損なわないものを選択する
⑦遠方ではなく近くで生産・製造されたものを選択する
⑧作る人に公正な分配が保証されるものを選択する
⑨リサイクル品もしくはリサイクルシステムのあるものを選択する
⑩環境問題に熱心に取り組み、環境情報を公開しているメーカーや店を選択する

このグリーンコンシューマーの消費者行動の内容から考えると、釣り業界も様々な点でまだまだ取り組める余地がありますよね

このグリーンコンシューマーの歴史や詳細等に関しましては興味のある方はそれぞれに調べて頂くとしまして、この10の行動のうちいくつかでも日々の小さなところから取り組んでいけると、社会全体が変わっていくことは間違いなさそうですね


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

今日の飲みはホンマに楽しかった 久々の再会
今日の大阪梅田での飲み会はとにかくめちゃめちゃ笑った

ホンマに気の合った仲間同士の会話って、こんなに楽しいものなんだとあらためて感じさせられた数時間でした

集まったのは同じ大学・工学部時代の友人。

バイトも一緒にやり、いろいろな所に遊びに行き(ここでは書けないようなこともイッパイしたよな~)、勉強ももちろんやり?、ホンマにめちゃめちゃ仲が良かった4人

社会人になり進んだ道はそれぞれ違いますが、みんな立派に生きています。(一人は死んでる?

みんな今は社会の風にもまれながらそれぞれが立派に生きていて、でもお互いに大学時代の一人暮らしの頃からずっと知っているので、再会すると一瞬にして学生時代にタイムスリップできる関係。
この関係がこんなにイイものだとは、今日あらためて知りました。

大学時代の友人と飲み会1
(この4人にしかわからないストーリーがあり、今日の数時間の会話はマジで楽しかった。それぞれ結婚や離婚、出産などなどを経験し、紆余曲折もあり人生に深みが増しています まるもっちゃんとK藤は実に12、3年ぶり?ホンマに月日がたつのは早いですね・・。しょーへーの顔がかなりイケてたので、K藤の日記から写真を拝借したよー

またこれを機会に定期的に集まって、お互いの長所を集めていろんなことができたら面白いやろうな~
ホンマに飲むだけでも超楽しいし、また遊ぼうな~

まるもっちゃん、K藤、しょーへー、ホンマに今日は楽しかったです
ありがとうな~

大学時代の友人と飲み会2
大学時代の友人と飲み会3
(ちなみに料理も美味しゅーございました

さあなんかやる気がさらに出てきたし、また頑張りますよ~



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用