//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

琵琶湖 ハイドロカーリー
ハイドロカーリー解説動画
琵琶湖 ハイドロカーリー
琵琶湖で爆釣!ハイドロカーリー
琵琶湖 シャッドテール
切り札公開!ロクマルも! 
OSP並木淀川おかっぱり
OSP並木のむちゃぶり淀川 
ウィードレス化した琵琶湖
ウィードレス化琵琶湖攻略 
OSPルアー
OSP十種競技 解説編 
秋から冬の琵琶湖の釣り
O.S.Pルアー 十種競技 
OSPギル系ワーム
ギル系ワームの破壊力
ドライブSSギル
秋の琵琶湖ドライブSSギル
夏の琵琶湖北湖 後編
夏の琵琶湖北湖 後編
カスタムカーで夏の琵琶湖北湖
カスタムカーで夏の琵琶湖
三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

フラッシュJシャッドに5インチが登場
しかし暑いですね・・

いつのまにか釣り場にめちゃめちゃ飲み物を持っていく季節になりましたね

さてさて、ツレツレワームのフラッシュJシャッドにビッグな5インチが登場です

テールの波動に適度なボディーロールとフラッシング、また重さもありカバーの中にもガンガンキャストすることができます。

フラッシュJシャッド5
(カラーも釣れ筋をラインナップ 自分のオススメはワカサギとコサンアユ

スクリューフックセッティング
(スクリューフックやスクリューフックマグナム(8月頃発売予定)と組み合わせるとペラの波動も加わって、今まで食わなかったバスを反応させることもできます

タックルについては、少し長めでややかたいロッド(MHクラスで7フィート前後)がキャストとフッキングのバランスがとれているのでオススメです。

スクリューフックセッティングでスキッピングをさせるような場合は、ペラ側が水面に刺さらないようにラインをロッドでコントロールすることでよりナチュラルにスキップしてくれて、ペラの変形もおきないので是非試してみてくださいね



スポンサーサイト



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

釣りの幅を広げる カエルでドカーン & ギアステみてね~
スポーニングを意識した魚とサマーのはしりの魚が混在するこの時期は、魚にとっての適水温にもかかわらずめちゃめちゃシブイということもよくありますよね~
最近はそんな状況に遭遇することがよくあります。

つい先日もまさにそんな感じの状況でした

そんな中、Kさんと一緒にフィールドに出て、様々なルアーの使用感テストとタックルセッティングをいろいろと出してきました

最近はフロッグマスターを目指してガンガンに使い込んでいるわけですが、こんなんが飛び出しました

テストフィッシング1
(ガボーッという捕食音と共に浮きゴミの間から飛び出したビッグフィッシュ!コンディションも最高の1匹でした ルアーはカバージャックJr。タックルはブラックレーベル+ジリオン+スーパーバスPE56lb

最近フロッグを使っていて思うことは、こんなにイージーに使いやすいルアーはなかなかないということです。

よく飛び初心者でも投げやすい、ひっかからない、バイトがしっかり目で確認できる、適当に待ってアワセて丁度良い、使っていて楽しいなどなどどう考えても初心者の方ほど是非使ってみて欲しいルアーです

使用上のポイントとしてはタックルセッティングをちゃんと出すこと、そしてどこで食わせるか(ポケットやエッジなど)をシチュエーションごとに考えてアプローチ(わざと音をだすかバンクキャストをするかなど)&トレースをすること、あとはバスが出たら適当に待ってからアワセる、基本はこれだけです
ちゃんとできれば間違いなく釣れます。難しく考える必要は全くありません

そしてKさんも順調にバスをゲット

テストフィッシング3
テストフィッシング2
(キャンドルテールで一段下をシューティング。Kさんと組んでJB2シリーズに出ていた頃を思い出しました

釣りの幅をどんどん広げるために、シチュエーションごとにルアーをガンガンローテーションしていきました

テストフィッシング4
(クランクでの1本

テストフィッシング6
(ZERO FOUR SYNCHROの中層釣りでのGOODな1本

またこの時期からは、音の要素も間違いなく重要な場面もありますよね

テストフィッシング5
(バズでの1匹 ルアーはZEROTWO BEAT PUPPY。空気抵抗が大きくなるバズやスピナーベイトを快適に使うにあたっては、タックルのセッティングをきっちりと出すことが重要ですよね。これをちゃんとやるのとやらないのとでは間違いなく釣果に差がでます。)

他にも様々なルアーをローテーションしバスを釣っていきましたが、この日だけでかなりの経験値を積むことができました

この日はKさんとイロイロなタックルごとのセッティング、リールの性能などについて話をしていたのですが、このあたりの重要さや使い方のコツ、ポイント等についても、イベントでの試投時に説明をしたり、このブログやメーカーのコラム等でも追々書いていきたいと思います

そして!
Kさんが釣りビジョンに出演中です

初回放送は終わってしまいましたが、「ギアステーション」の俺にきけのコーナーで釣り具のブンブンと琵琶湖の釣りに関して解説をしています

後日HPでも動画を見ることができますので、現在オンエアされている再放送分も含めて、皆さんチェックしてみてくださいね~

ギアステーションHP→http://www.fishing-v.jp/stgear/index.php



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

超便利なフィックス・ア・ルアー
スーパー便利アイテムのご紹介です

ワームの補修、改造等に最強のアイテム「ハドルボンド」を愛用されている方はかなり多いと思いますが、そのハドルボンドが製造されなくなり困り果てていたところに救世主のNEWアイテムが登場

その名は「フィックス・ア・ルアー」

そのくっつき感やジョイント部分のナチュラルさは半端じゃないです!

フィックス・ア・ルアー1
(「フィックス・ア・ルアー」 ハドルボンドと成分は全く同じです。ハドルボンドの倍(14ml)の容量で840円。間違いなくもっていて損はないアイテムです

あまりにもナチュラルにくっつくので楽しいですよ

フィックス・ア・ルアー2
(「ギョ!めん(魚面)シュリンプ」6本入り・840円(税込)(笑))

さあ今週ももう半分すぎますが、後半もがんばります~





テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

釣りガールのロクマル & 久々の日吉ダム
いや~、相変わらずの寝不足が続いております

書きたいネタはイッパイあるのですが、なかなかそこまで手が回りましぇん・・

さてさて琵琶湖でもヒソカにデカバスキラーワームとなりつつあるキャンドルテールですが、相変わらず釣れております

釣友Tさんの彼女ムラちゃんも、ついにキャンドルテールでロクマルをキャッチ
毎週Tさんに鍛えられているのでどんどん釣果が伸びています

キャンドルテールロクマル ムラちゃん
(キャンドルテール3.5・コーラでキャッチしたロクマル Tさんも同じ日に57センチを含めて多数のデカバスを捕獲! キャンドルテールはフロントとリアの異なるボリューム、その形状に釣れる秘密があります

ブログにのせてもらうことを目標に、ロクマルを目指して頑張って釣ってくれてたみたいでホントウレシイですよね~
おめでとう!ムラちゃん

そして話はかわりまして、5月に再オープンとなった京都の日吉ダムのスロープ。
ずっと行きたいと思いながらなかなかタイミングが合わなかったのですが、今週「森水産CUP」の第3戦が行われるということを聞きましておじゃまをしてきました~

この森水産CUPは森さん率いる日吉ダムをホームとした剛腕アングラーの集う大会です
以前には、一庫ダムで開催された際におじゃまをさせて頂いたことがあります。

前日の夜に自分の予定が変更になり日曜日に動けるようになったので、急きょ森水産の常連Hさんに無理を言って同船をさせてもらうことに

森水産CUP1
(日吉ボートクラブとして生まれ変わった受付

森水産CUP3
(皆さん続々と到着し準備をしていきます

自分もHさんの後ろでこの時期の定番の釣りであるサイトのじゃまをできるだけしないように、主に中、下流域をガイドしてもらいました
 
森水産CUP4 
森水産CUP5
(続々と良い魚がウエイインされてきます

森水産CUP6
(今回同船をさせてもらったHさんも、49センチのGOODフィッシュを含めてサイトで2本を仕留め、5位に入賞

森水産CUP7
(自分も6、7年ぶりに日吉ダムの魚を触らせていただきました

森水産CUP8
(今回のTOP5 皆さん良い魚を釣ってこられていました

森水産CUP9
(そして今回は前日に急きょおじゃますることがきまったので、ちゃんとした各メーカーからの協賛をさせて頂くことができませんでしたので個人的にアイテムを出させて頂きましたが、ジャンケン大会と並行して各メーカーの新アイテム等の説明の時間も作って頂きました とくにDAIWAのT3に関しましてはみなさん楽しみにしていてくださいね!森さんありがとうございました

久しぶりの日吉ダムからは、フィールドのポテンシャルの高さを十分に感じられましたので、今度はあらためて自分でじっくり釣り込んでみたいと思いました!スロープや駐車場、都心からのアクセス等の環境も含めて最高に良いフィールドです

そして森水産のメンバーの方々は釣りがウマいということはもちろんですが、純粋に釣りが好きで仲間同士で楽しんでいるという雰囲気が超伝わってきて、自分もその中に混じってモノスゴ~ク楽しませて頂きました

森さん、Hさんをはじめ、皆さん本当にありがとうございました
タイミングがあいましたら、是非また行かせて頂きますね~



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ペラの効果&デカバスを狙ってとれるか
先日のザ・ヒットは観てもらえましたでしょうか?
ウィッキーヘッドを使って松本さんが釣っていましたが、ウィールヘッド、ウィッキーヘッドに代表されるように、あのペラの水流にはバスの側線に刺激をあたえる要素は確実にありますよね

ウィッキーヘッド 
(ジグヘッドワッキー用に作られたペラ付きジグヘッドの「ウィッキーヘッド」 ワームのセンター付近にかけるワッキーがけのみならず、実はフラッシュJ等の鼻先にチョンガケをしても、動きの自由度が増してワーム自体のロール量も増えるので抜群に効きます。)

ちなみに下の写真はつい先日DAIWAのルアー開発担当のWAKAさんがタイに行った際に、デカピーナッツ、D-SHAD、TDバイブ等のルアーを試す合い間にウィールヘッド+フラッシュJシャッドでも釣りをしてみてくれたのですが、次のような魚も釣れちゃいます

バラ
red
pegu
(バラマンディ、レッドテールキャット、ペグ―、チャドー、ナイフフィッシュなどなど。ペラの波動は万国共通ですね(笑))

そして話は変わりまして、ここ2、3年小型のバスの絶対量が増えている布目ダム。そうなるとやっぱりデカイのを狙って釣るのは難しくなります

どこのフィールドでもそうなのですが、その年その年でバスはもちろんベイトの数や種類、クセやコンディションは刻々と変化します。これには自然環境の変化や人的プレッシャーなんかももちろん関係しますし、それ以外にも様々な要因がありますよね

布目ダムはもともとコンディションの良いバスが釣れる湖なのですが、大きくても48センチ、49センチというギリギリ50センチをきるところどまりが多く、50オーバー、ましてや55オーバーを釣るのはかなり難易度が高いということは、通っている人であればよくおわかりであるかと思います。

とくにここ2年は小型のバスがさらに増え、春でも3本のウエイトで3キロ、4キロを超えるのはかなり難しい状況です。
最近はこのデカバスの動きを追いかけることをどこの湖でも一つのテーマとして釣りをするようにしています

つい二日前にもいろいろなルアー、タックルを試すために行ってきましたが、来ていたアングラーに聞いた感じでも状況はそうとう難しい雰囲気でした
状態はまだバリバリのアフター直後~回復途中。

以前にも少し書きましたが、小型のバスと大型のバスは全く違う行動をとっており、同じ釣り方でコバスに大型が複数混ざる様な湖は本当にバスが超濃いかフィールドのコンディションが抜群に良いのだと思います。
今の布目ダムは普通に釣っていたのでは、延々と小型が先に食ってくるようなコンディションです。

でも大型を釣るためのエリア選択や釣り方があるということも間違いのない事実です。
ここ最近の布目ダム釣行でも毎回45~55センチクラスを複数キャッチしていますが、はじめから「コバスとデカバスは別の生き物だ」くらいの勢いで考えると、わりとわかりやすいのかもしれません

布目バス1 
(これは53センチのGOODなアフターバス こんな魚も確実にいます

布目バス2
(これは45センチクラス

今年の夏はとにかくいろいろなフィールドに出て、いろいろな事を試して釣りの幅をどんどん広げていきたいと思っています

そして最近使っているシンカー類に、DAIWAのバサーズシリーズがあります。
形状、種類も豊富で水中、ボトムでバスに違和感を持たせないマットなモスグリーンカラーで使いやすいです。お得な増量PROパックもあります

バザーズシリーズ
(エコ認定も取得しているのでトーナメンターもガンガン使用できます。バレットシンカーももちろんラインを傷つけない仕様になっていますし、ダウンショットシンカーもナス形がラインナップされているので、根がかりが非常に少なくてすみます

是非皆さんも一度試してみてくださいね!


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

カバージャック新色発売 & 世界のTNとフィールドへ
ここ最近はやばすぎるほどバタバタで、いろいろとありすぎて少々お疲れ気味です

ここ最近PCに向かう時間が極端に短くその間にイッパイ質問も頂いているのですが、順番に必ず全員にお答えするのでまっていてくださいね~!

さて、カバージャック(フロッグ)に新色が登場
フッキングの良さからアクションまで考え抜かれて作られているフロッグですので、皆さんも是非使ってみてくださいね~!

カバージャック
(自分もメンテしたばかりのジリオンにPEをセッティングしました。ガンガン今年はフロッグもやりますよ~

そして先日は世界のT・NAMIKIと某レイクで二日間みっちりと釣り込んできました

某レイク1
(この船を見たことある人は沢山いるのでは?ランチングや桟橋につけるのもマアマア緊張しました

某レイク2
(このお方はどなた?ちなみに筋トレ? お世話になりました~

某レイク3
某レイク4
(半端じゃないタックルの数。テストしなければいけないモノがヤマモリてんこ盛りでした

BIGバスをキャッチするのが難しい状況下でも、やはり並木さんは釣ります

某レイク5
(アフター系のナイスバス

某レイク6
(最終的にかなりの数のバスをキャッチ

某レイク7
(自分もチョコチョコと釣らせて頂きました。これが最大魚 ドライブスティックでのパターンを発見しハマりました

今回のフィールドはカバーがかなりスゴカッタのですが、カバー奥を狙って釣り進んでいたときに並木さんの流す速さにリンクさせて後ろで釣ろうとすると正確で早いキャストが要求されるのですが、その途中で並木さんに「キャスト上手いな~」と言われたときはヤバすぎるほど嬉しかったです
なんせマシンガンキャストの本家本元ですから(笑)。

ベイトキャスティングリールでのあらゆるルアーを使用してのキャストに対しては、試合を退いてから徐々に感覚を取り戻してきてはいたのですが、どのくらい感覚が戻ってきていたのか自分ではわかりにくかったのですがこれで確信になりました

それにしても並木さんの生マシンガンはやはりスゴカッタです

でも右巻きの並木さんに、自分の左巻きのタックルをわたすとこのようになります・・

某レイク8
(通称「モデル巻き」。かなり貴重な画像です(笑))

並木さんは本当に何事に対しても超熱い人です
夜は宿で飲みながら二人で語る時間があったのですが、とくにルアーづくりへの情熱に関しては半端ないものを感じました!

とにかく多忙すぎる並木さんですが、そんな中においてこんなに貴重な時間を作ってくださったことに本当に感謝です

某レイク9
(並木さん、最高に楽しい時間を本当にありがとうございました

さあ、自分の釣りの様々な活動に対してもいろいろと真剣に考えるタイミングにきていることは間違いないです。

これからはさらに頑張っていきますよ~



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

ブログをアップする時間がようやくできました・・ 先日のマリーナトーナメントの様子
何かとバタバタですが生きております

今日もいろいろと処理をこなしてから、ヴァンフックのF井社長と新商品開発の打ち合わせをしてきました~

ヴァンフックさんと打ち合わせ
(ブンブン高槻店さんに挨拶を兼ねてよって、二人で買い物をしつつアイテムの研究 やはり販売の現場から得る情報はめちゃめちゃ多いです

その後食事をしながら打ち合わせをしましたが、かなり内容が煮詰まってきましたよ~

F井さんとのお付き合いもかれこれ結構な年月になってきましたが、いよいよバス関係のアイテムのリニューアルを進めております。
面白いこともいろいろと考えていますので楽しみにしていてくださいね~

そして、先日行われました琵琶湖パークマリーナトーナメント第2戦目の様子を写真を中心にアップしたいと思います
今回もゲスト、協賛でお邪魔をさせていただきましたが、皆さんとお話ができてホントに楽しかったです!

パークマリーナトーナメント2戦目1
(朝のミーティング。とにかくこのマリーナのお客様は皆さんホントに良い方ばかりで、その上釣りのレベルも高い!)

パークマリーナトーナメント2戦目2
(いよいよスタート 琵琶湖のスタート風景はいいですよね

パークマリーナトーナメント2戦目3
(今回同船をさせて頂きましたH場さんも、朝から水面系の釣りで即効でリミットメイク

パークマリーナトーナメント2戦目4
(今回優勝のK林さん、3本で余裕の7キロオーバー

パークマリーナトーナメント2戦目5
(今回唯一の女性アングラーのムラちゃんもT野さんと同船して50オーバーをキャッチ!ヒットルアーはキャンドルテール スバラスィ~

パークマリーナトーナメント2戦目6
(今回のTOP5の皆さん ここに上る方々は3本で6キロクラスは当たり前で、優勝は7キロ、8キロも全然あります。釣り方も偏りがなく、様々であるところがまたスゴイ

パークマリーナトーナメント2戦目7
(皆さんから釣り方をお聞きしていて、本当に勉強になりました

パークマリーナトーナメント2戦目8
(ビッグバスキラーワームになっているキャンドルテール 今回準優勝のお立ちの超常連Aさんも使用をしてくれていました

パークマリーナトーナメント2戦目9
(そしてDAIWAのNEWリールT3の説明をさせて頂きました。TWSの解説をはじめザイオンボディのメリットなどなどをお話させて頂きました

パークマリーナトーナメント2戦目10
(T3の試投をはじめ、リョウガ、スティーズを使ってのキャスティングレクチャーも少しさせて頂きました

パークマリーナトーナメント2戦目11
(今回の参加者の皆様、パークマリーナのK井オーナー、協賛をしてくださいましたメーカー各社様、本当にありがとうございました

本当はもっと詳細まで写真もアップをしていきたいのですが、明日からまた結構バタバタですのでこのくらいで~

今年は琵琶湖ももっと釣り込んでいきますよ~



テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

引き続きバタバタとしております 順調にトシをかさねております!
今年も無事に一つ歳を増加させることができました
大変多くのメッセージやメールを頂きまして、本当にありがとうございました

これからもちゃんと大人になれるように精進して参ります(笑)

さて、もう早くも6月となりましたが、先月末から今月にかけても何かとバタバタとしております

イロイロと食事や飲み、仕事の関係者のご紹介など、お誘いを受けてもなかなかスムーズに行くこともできずに本当に申し訳ございません

釣りのお仕事に関しましてもさらにイロイロと前進させていくつもりですので、これからもどうぞよろしくお願い致します

ほんのここ数日の出来事としましては・・、

ここ最近1
(毎年一回の法人関係の書類を提出しにこのようなところをまわり・・ 今年も無事に完了

ここ最近2
(隙間の時間に今年もガンガンボートを引っ張ったり、載せたりする車のメンテナンスをして・・ いつもフルサポートのSSHさんは冗談抜きで釣り人にとって最高の車屋さんです

ここ最近3
(Oさんのお誘いでルアーとタックルのテストも兼ねてフィールドにもいき・・・ パターンを発見しツレツレモードに コバスとデカバスは全く違う動きをしていました。布目ダムのデカバスはアフター直後の個体が増殖中でした

ここ最近4
(大会ではキッカーとなるキロアップフィッシュを8本くらい、ミドルサイズも含めて全部で40本は釣れました サイトフィッシング、クランク、シャッド、スピナベ等の巻物、ライトリグ、カバー打ち・・、あらゆる釣りでテストをしました。Oさんもナイスな46センチをキャッチしていましたよ

ここ最近5
(そして日曜日の琵琶湖・パークマリーナさんの大会の準備・・)

ここ最近の
(このヴァンフックさんの「刃金トレブル」は、僕の知ってるビルダーさん達も一押しの超イケテルフックですので、ぜひ交換して試してみてくださいね

最近
(協賛頂いたメーカー様、ホントにありがとうございます これらは協賛のごく一部です

ここ最近7
(当日はDAIWA・NEWリール・「T3」を体験できるタックルをお持ちする予定にもしていますので、楽しみにしていてくださいね 自分も個人的にDAIWAの新しいルアーなんかもいろいろとお持ちいたします ちなみにこの写真はDAIWAのNEWルアー「デカピーナッツ」と「D-スピナーベイト・ビッツ」、そして「D-シャッド」。これらのルアーは先日の試投会でも良いバスをつれてきてくれましたが、琵琶湖でも確実に効きます

ここ最近8
(そしてNEWマテリアルプロトラインのテスト、評価なんかもしています・・ この頻繁な品質向上へむけてのサンラインの取り組み、テストが、超クオリティの高い製品の誕生へとつながっています このようなテストを頻繁にこなすことで、ラインに対しての知識、考え方の経験値がめちゃめちゃ高まります

ここ最近9
(そして鬼の使用頻度で不調となったリールのメンテ、補修をやったり・・・ やっぱり愛着のあるタックルですので、大切に可愛がってあげると実釣の場で答えてくれます

来週もNEWアイテムの打ち合わせやテストなどなどバタバタですが頑張ります

現在はこのブログ書きと並行して原稿を2つ済ませましたが、人間って鍛えれば鍛えるほどに器用になるものですよね

昔、アニメ北斗の拳で「人間は潜在能力の30%しか使うことができないが、残りの70%を使えるところに北斗神拳の極意がある」ということを言っていましたが、70%まではいかなくても少しは引き出している人って世の中にいるように感じますよね~

例えば・・

10カ国語以上を話せる人とか・・
100mを9秒台で走る人とか・・
記憶力がスゴすぎる人とか・・
宇宙人と交信できる人とか(笑)・・

また、人の気持ちがモノスゴクよくわかる、空気を的確に察知して相手の立場になれる人とかも、自分は潜在能力を引き出している人だと感じています

自分もそれができるように頑張ってみよーと思います


一つ歳を重ねるごとに確実に成長できる自分になれるようにしたいですよね~


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用