//
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
三宅プロ、シャローカバー攻略編!
三宅プロ、シャローカバー攻略編!
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP
白針1
禁断の白針in池原1 VANFOOK 白針2
禁断の白針in池原2 VANFOOK 白針3
禁断の白針in池原3 VANFOOK 白針4
禁断の白針in池原4 VANFOOK 白針5
禁断の白針in池原5 VANFOOK 白針6
禁断の白針・解説1 VANFOOK 白針7
禁断の白針・解説2 VANFOOK

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)

管理者ページ

ブログ内検索

RSSフィード

懐かしい写真がでてきた~!
片付けをしていたら、ポロッと懐かしい写真が2枚
スキーで山にコモっていたころの自分です

ちょうど10年ほど前で、スキーのギアはこの時期に大変革期を迎えていました。実に100年ぶりのスキー板の設計変更です
今では当たり前のように店頭に並べられているカービングスキー。でもこの当時はノーマルカーブのスキーの端にカービングが並べられ始めた時期でした。

スキーを教える立場にあった自分は、真っ先にその見慣れないシャモジ型の板を導入し、専用のビンディングとブーツをセットし滑ってみました
そのときの感想は驚き以外の何物でもなかったです 「これがあればみんなスキーが楽しくなるやろうなー」 これが正直な気持ちでした

スキー1
(ちょっと色褪せた感じの写真が、懐かしさを感じさせますねー この時期は真剣にスキーで食っていきたいと考えたこともありました・・。まだハタチのころですしね。)

それと同時に指導方法も全く変わってくるんやろなー、ということも感じていました。カービングというターンの技術は一部の上級スキーヤーにだけゆるされたスキルでしたが、カービングスキーを使用するだけで中級スキーヤーでもその領域にいけてしまうんです

絶対にこれからはこの板がスタンダードになると当時確信していましたが、今ではカービングカーブスタイルの板しかお店にはないですよねー
それからカービングスキーを使った専門の指導法がどんどん確立されていきました。

ボードはボードでもちろん楽しいですが、スキーにもボードには無い2枚板の楽しさがまたあるんですよねー

スキー2
(ウエアーも板もブーツもビンディングも当時最新式のものだったので、今でも見劣りはしません この大改革以前のモデルだと極端に古い感じかじます。こんな夜中にも滑るほどのスキーバカでした

今から考えると、すごくいい時期にスキーにのめり込んでいたと思います。もう少し前の時代で熱中して終わっていたら、現代ウインタースポーツに全くついていけてないでしょうし、ウエアーもド派手ピンクのサイケデリックなバブリーなものを着ている写真しかなかったでしょう

ここ数年は全く雪山に行かなくなってしまいましたが、この写真をみて久々に行きたいな~と思ってしまいました。でもたぶん行かないんやろうなー 他のことに熱中しだすとそれ1本に集中してしまうのが自分の性格なので

という懐かしの回想でした


スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用