//
FC2ブログ
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

ブリッツマックス 琵琶湖
秋の琵琶湖戦略にマグナム降臨
琵琶湖 ハイドロカーリー
ハイドロカーリー解説動画
琵琶湖 ハイドロカーリー
琵琶湖で爆釣!ハイドロカーリー
琵琶湖 シャッドテール
切り札公開!ロクマルも! 
OSP並木淀川おかっぱり
OSP並木のむちゃぶり淀川 
ウィードレス化した琵琶湖
ウィードレス化琵琶湖攻略 
OSPルアー
OSP十種競技 解説編 
秋から冬の琵琶湖の釣り
O.S.Pルアー 十種競技 
OSPギル系ワーム
ギル系ワームの破壊力
ドライブSSギル
秋の琵琶湖ドライブSSギル
夏の琵琶湖北湖 後編
夏の琵琶湖北湖 後編
カスタムカーで夏の琵琶湖北湖
カスタムカーで夏の琵琶湖
三宅貴浩のロクマル捕獲法
回遊ルート直撃!ロクマル捕獲法
並木と三宅貴浩のディープ攻略動画
並木&TAKの七色ダム動画
早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)
weed 車
(ハイラックスサーフ専門プロショップ)

管理者ページ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ルアニュー発売 釣れまくってましたね^^
今週は長いようで短い一週間でした
来週からもバタバタした日が続きますが、ガンバロー

さてさて、今週のルアニューの巻頭カラーは友達のN君
津風呂湖の主と呼ばれている人物

取材前に日程や場所決め等でちょっとバタバタしたみたいですが、急きょ決まっても結果を出すところはサスガですねー

電話で話していたCCレモンのジンクスの内容もちゃんと載ってたねー

ルアニュー
(今週号も皆さん見てくださいね 先週のチャプターの結果も載っていますよ) 

釣りをやっていると各フィールドの沢山のエキスパート達と友達になりますが、本当にめちゃめちゃ勉強になりますよね
先日の布目ダムでもサイト用に4本のタックルを積んで臨みましたが、これもあるスーパーエキスパートから学んだ釣りを、自分流にアレンジしたもの。(名前を出してもいいと思いますが

入れ替わり立ち替わり人が叩いた後の完全に「アウトサイドロック型」←(自分流のネーミング
に変貌したバスを、ニュートラルに戻し口を使わせる状態に各所でもっていくことができましたが、(リズムが悪くてバラシまくりましたが)、自分で言うのもなんですが本当に上達しました

これは実際にやっているのを見ていただかないと、マスターしてもらうのはほぼ不可能ですが、ボートポジション、キャスト位置、使用タックルの種類とローテの仕方、エレキの踏み方、魚の反応の種類等、キモはヤマモリあります

釣りは道具にも、技術にも追及に決して終わりはなく、最高に楽しい趣味ですよね

釣り方がマンネリ化しないように、また固定概念を払拭し色々な壁を破れるように、今年はタックルや釣り方にもいろいろと変化を加えたいと思っている今日この頃です


スポンサーサイト




テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用