//
こちら関西バスアングラーTAKのブログ☆三宅貴浩 Official Blog☆琵琶湖ガイド
大好きな趣味のルアーフィッシングを小学生の頃からやり続けてきたのですが、いつのまにやら趣味の範囲を大きくこえてしまいました!アパレル、世界経済、環境など色々興味がありすぎのTAKのblogです。釣業界もこれまた楽しー☆琵琶湖ガイドとしても活動中! 
プロフィール

三宅貴浩(TAK☆Miyake)

Author:三宅貴浩(TAK☆Miyake)
・プロアングラー fishing tackle tester・developer&demonstrator
・大阪府出身・在住
・遊漁船業務主任者 滋賀県140号

三宅貴浩 詳細プロフィール

TAK三宅オフィシャルHP

TAK三宅オフィシャルサイト
ガイド等の詳細はこちらへ!

三宅貴浩 最新関連動画

早春の琵琶湖ビックバス動画"
早春の琵琶湖ビックバス動画
オーバーライド徹底解説"
オーバーライド徹底解説
極寒野池でオーバーライド"
厳寒野池でオーバーライド
キャロライナリグ解説"
キャロライナリグ解説
ハイピッチャーMAX塾
ハイピッチャーMAX解説
ネコスト、ハイドロショットを使ってアフタースポーンのオフショア攻略!
アフタースポーンのオフショア攻略
三宅プロ、シャローカバー攻略編!
三宅プロ、シャローカバー攻略編!
ネコストレートでビッグレイク攻略!!
ネコストレートでビッグレイク攻略!
オーバーライド完全マニュアル
オーバーライド完全マニュアル
琵琶湖でロクマル
琵琶湖で65センチ5.5キロ!
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
秋の琵琶湖でハイピッチャーマックス
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
夏の琵琶湖でフロッグゲーム
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
春琵琶湖ラトリンBlitz攻略OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
秋琵琶湖攻略ロクマル捕獲OSP
リザーバー攻略前半OSP
極寒のリザーバー攻略前半OSP
リザーバー攻略後半OSP
極寒のリザーバー攻略後半OSP
白針1
禁断の白針in池原1 VANFOOK 白針2
禁断の白針in池原2 VANFOOK 白針3
禁断の白針in池原3 VANFOOK 白針4
禁断の白針in池原4 VANFOOK 白針5
禁断の白針in池原5 VANFOOK 白針6
禁断の白針・解説1 VANFOOK 白針7
禁断の白針・解説2 VANFOOK

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

メールフォーム

※当ブログへのお問い合わせは、以下のメールフォームよりお願い致します。なおメッセージは拍手より受けつけさせて頂いております。
名前:
メール:
件名:
本文:

リンクページ

sponsor・Special thanks!
グローブライド釣り事業部
(釣業界のリーディングカンパニー)
O・S・P
(経験が作り出すコンセプトルアー)
ヴァンフック
(江戸時代からの妙技!匠の播州針)
SLP
(DAIWA公認カスタムチューン)
パークマリーナ
(琵琶湖のボート保管&ラッピング)
HONDEX
(魚群探知機のスペシャリスト)
ルアーニュースTV
(最新釣果のスーパータブロイド紙)

管理者ページ

ブログ内検索

RSSフィード

釣りにまつわる環境を考える
またサム~イ日が続いていますが、ホントにこの時期は魚の動きを追いかけるのが難しいですよね

でもこの冬~早春はバスの動きをとらえることさえできれば、モノスゴイモンスターフィッシュをGETできる可能性が一番高いときでもありますので、寒い中でもやりがいがありますよね~

さて現在グローブライド(DAIWA)のHP上では、環境についての取り組みの動画がアップされています

グローブライド・環境への取り組み

過去に何度か環境についてもいろいろな内容をアップしてきましたが、釣りに関わることだけに限らず地球上では様々な環境問題があるということは皆さんもご存じの通りです。

この「環境問題」というキーワードですが、これは何も釣り場のゴミ問題やフィールドの減少、温暖化といった自然環境的なものだけではありません。少子化やインドア志向等も釣りの未来にかかわる重要な「人的環境問題」だと自分は考えています。

この環境への取り組みという部分が、自分がグローブライドさんの企業方針に共感した1つの要素でもあります。
上の動画の中にもあります「BE EARTH-FRIENDLY」や、昨年コーチとして参加させて頂きました「ダイワヤングフィッシングクラブ(DYFC)」等もその取り組みの一環です。

どうしても資本主義の世の中ですので、ビジネス志向、新製品開発競争等という社会であることは仕方がありません。でも高度経済成長時代ではないこれからは、この「様々な環境問題」ということに対して真剣に取り組まずして生き残っていけるような世の中ではないですよね。

自分も地道にではありますがこの環境問題に対して、これからの時代を支える子供達という存在を中心として取り組んでいければと考えています。また大学の研究室との共同プロジェクトなんかも、将来的には立ちあげていければとも考えています。
幸いにも協力を得られそうな教授陣も頭に浮かんでいますので、これもいつかは実行をしたいと思います

最後にグリーンコンシューマー(green consumer)という消費者に関しての行動について、参考までに書いてみたいと思います。
簡単にグリーンコンシューマーを説明すると、「環境に配慮したアイテムを選択し購入するユーザーのこと」ということになります

green consumer
(green consumer)

□グリーンコンシューマー・10原則

①必要なものを必要分量だけ購入する
②使い捨て商品ではなく、長期的に使えるものを選択する
③作る、使う、捨てる等の各場面において資源とエネルギー消費の少ないものを選択する
④包装等のないものをできるだけ優先し、次に最小限のもの、容器は再使用できるものを選択する
⑤化学物質による環境汚染と健康への害、影響の少ないものを選択する
⑥自然環境、生物多様性を損なわないものを選択する
⑦遠方ではなく近くで生産・製造されたものを選択する
⑧作る人に公正な分配が保証されるものを選択する
⑨リサイクル品もしくはリサイクルシステムのあるものを選択する
⑩環境問題に熱心に取り組み、環境情報を公開しているメーカーや店を選択する

このグリーンコンシューマーの消費者行動の内容から考えると、釣り業界も様々な点でまだまだ取り組める余地がありますよね

このグリーンコンシューマーの歴史や詳細等に関しましては興味のある方はそれぞれに調べて頂くとしまして、この10の行動のうちいくつかでも日々の小さなところから取り組んでいけると、社会全体が変わっていくことは間違いなさそうですね

スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用